現在、カートには商品がありません
カートの中を見る
ご利用ガイド お問合せ
北欧の笛について

ダーラナ地方の縦笛

以下の文章は、笛製作家Stefan Ekehdal氏のホームページの翻訳です。
輸入代行にて、ご注文を承っております。

 

●ダーラナ地方の縦笛

スウェーデンのダーラナ地方はスウェーデンでは珍しく笛の伝統が盛んな地域でした。
バグパイプや縦笛がありましたが、その多くは19世紀半ばまでに衰退してしまいました。

ダーラナ地方レットヴィークRättvikの民族音楽博物館Föreningen Folkmusikens Husに所蔵されているこの地域から寄贈されたリコーダー型の縦笛には、いくつもの種類があります。
その多くは円錐管で、おもて面にのみ6~8の指孔が空いています。
中には、裏孔があるものもあります。

その呼び名も様々で、spilåpipa、spelpipa、låtpipa、fingerpipa、träpipa、skallpipa、vallpipaなどと呼ばれました。

●スピーロピーパ Spilåpipa / Evertsberg Pipa

 
もっとも有名なダーラナの笛です。
この笛はEvertsberg家の3代にわたって製作されていました。
最後の代はLars-Erik Anderssonで、2011にこの世を去りました。
彼は父と祖父の後を継いだのです。
多くはスプルースで作られますが、かつては松、オーレ(ale)、白樺などの他の木でも作られました。
私は、この楽器を現代に活かすために半音下げてA管で製作していますが、もしもとの姿(A#管)がご希望でしたらお答えします。

音域はAから1オクターブと6音上のFまでで、その間のすべての半音階を演奏できます。

サンプル演奏:låtexempel - mjölnarpolskan
 

●レクサンド・パイプ Leksandspipan

 
この笛はKnis Karl Aronssonの古いモデルに基づいて製作されました。
Evertsbergのモデルを太くしたデザインで、ほぼ同じ音色と音域をもっています。

●ムーラン・パイプ Malungspipan

この小さく可愛らしい笛はMalung hembygdsföreningsのコレクションから発見されました。
Idbäckに由来があるということ以外、多くは分かっていません。
この地域の楽器職人はJacob Per Västra Forsが有名なのですが、彼が作ったのかどうかは不明です。
現存する他の笛の中で、この笛は6つの指孔があるという点において特殊です。
さらに、博物館所蔵品にしては珍しく、演奏可能な状態でした。
1975年のLP"Stamp, trampling and långkut"では、Anders Rosénがこの笛で曲を吹いているのを聴けるでしょう。
サンプル音源(låtexempel – silkesvalsen)

この楽器は、Malung hembygdsföreningから歴史的楽器を貸与して頂き、複製しました。

サンプル演奏:låtexempel – silkesvalsen
 

●デューラ・パイプ Djurapipan

ストックホルム音楽博物館に所蔵されていた、Leif Eriksson製作の笛の複製です。ルネサンス・リコーダーの形状に似ています。
現存する楽器の大きさには様々な差異がありますが、どれも同じ製作家によるものと考えられます。
Dから1オクターブと3音上のGまでの音域があり、部分的には半音階に対応しています。
 
 
  • 友だち追加