現在、カートには商品がありません
カートの中を見る
ご利用ガイド お問合せ

ケルトの笛で広がる世界

ウェールズ

ウェールズの伝統音楽

ウェールズの楽器の中でも特にたくましい伝統を持つものは、なんといってもハープです。

アイリッシュ・ハープのようにレバーを使って半音を操作するのではなくて、すべての半音が備わった3列の弦を持つ特殊な構造のハープで、ウェリッシュ・ハープ Welsh harpと呼ばれています。

また、中世にヨーロッパで広く使われていたフィドルの名残であるクルース crwthが今なお使われています。

もうひとつの中世の楽器はピブゴーン Pibgorn
牛の角を利用したリード楽器です。

ピブゴーンを革袋にさしたものが、ウェリッシュ・パイプスです。

これらの楽器の他に、アイルランド音楽でも使われる楽器、アコーディオンフィドル、ギターやブズーキが使われています。

さて、ティン・ホイッスルアイリッシュ・フルートの活躍はどうなのでしょう?

ティン・ホイッスルの「ような」たて笛は、900年前からウェールズで使われていたそうです。
また、19世紀にフルートが盛んであったイングランドのお隣ですので、フルートも演奏されていました。
しかし、それはクラシック音楽での話。

伝統音楽の中ではあまり使われてこなかったようで、アイルランドと比べると他の楽器に占める演奏者の割合は少なく、盛んとは言い難い状況なのです。

参考ページ:Walesmusic

出展 pixabay.com

  • 友だち追加