現在、カートには商品がありません
カートの中を見る
ご利用ガイド
店長の少し偏ったケルト話

アイルランド系ニュージーランドの有名人 ラッセル・クロウ

アイルランド、スコットランド、ウェールズの血を引く、かなりのケルトっ子ラッセル・クロウ。(生まれはニュージーランド)
 

オスカー候補作「L.A.コンフィデンシャル」で頭角を現し、続く「インサイダー」でタバコ産業の不正を告発した実在の人物を演じ大絶賛を浴びる。(両作とも店長の大好きな映画)
その翌年、日本でもヒットした「グラディエーター」で主人公の剣闘士を演じて、人気を不動のものにした。

その後もオスカー受賞作「ビューティフル・マインド」で実在の数学者を演じたり、大航海時代の英国vsフランスの宿命の対決を描いた「マスター・アンド・コマンダー」で英国人のハートに火をつけたり、アイルランド系の実在のボクサーを演じた「シンデレラマン」に主演したりと、出演すれば映画賞にノミネートされるという名優っぷりを発揮。

また、店長のおすすめは2009年の「消されたヘッドライン」というスリラー映画。比較的シリアスな役が多いラッセル・クロウが、ジャンクフードをほおばりながらアイリッシュトラッドを唄うシーンが拝める貴重な作品。そして、めちゃくちゃ面白い映画です。

また、サマンサ―・バークスを紹介した「レ・ミゼラブル」では、主役のジャン・バルジャンを執拗に追いかけるジャベール警部を演じ、見事な歌声を披露。(昔から歌手活動も)
来年には新作「マン・オブ・スティール」でスーパーマンのお父さん(前作であのマーロン・ブランドが演じた)役での出演も決まっており、主演から助演まで完璧にこなす必殺仕事人。

ただし、キレやすい。(スキャンダル 量産型ザク)