現在、カートには商品がありません
カートの中を見る
ご利用ガイド
店長の少し偏ったケルト話

アイルランドの有名人 シアーシャ・ローナン

なんとなく男性ばかりの紹介になってしまったので、ここらで美しい女優さんを紹介したいと思います。

きっと日本でもそれなりにご存知の方も多いのではないかと(勝手に)思ってるんですが、そんなシアーシャ・ローナン嬢。
日本でもヒットした「ラブリー・ボーン」の主人公。そう、あの殺される少女です。

生まれは超アメリカンなニューヨークですが、両親ともにアイルランド人で、3歳の時にアイルランドのカーロウ州(アイルランドの右下あたり)に引っ越します。

その後、アイルランドで俳優のキャリアをスタートさせ、同じくケルティックな天才若手監督ジョー・ライトに「つぐない」という映画の超重要な役に抜擢されます。(店長の大大大好きな暗い映画です!)
この作品での演技が大絶賛され、若干13歳にしてアカデミー賞にノミネート。ちなみに共演は、同コラムで登場済のスコティッシュ青年ジェームズ・マカヴォイくんです。

そして前述の「ラブリー・ボーン」が日本でスマッシュ・ヒット。彼女の演技はまたも大絶賛され、二度目のオスカーノミネートを果たしました。

2015年にはアイルランドから移民した少女の成長を描いた「ブルックリン」に主演、ステキすぎるアイルランド訛りを披露してくれています!(このアクセントを聴くためだけにでも、見る価値のある映画)
続々と新作が決まっている、実力と人気を兼ね備えた注目の若手ケルティック女優さんです。