現在、カートには商品がありません
カートの中を見る
ご利用ガイド
店長の少し偏ったケルト話

映画「シャーロック・ホームズ/シャドウゲーム」

前回紹介させていただいた「シャーロック・ホームズ」の続編を、さっそく映画館でチェックしてきました。

前回はアイルランドのソウルソング「The Rocky Road to Dublin」を印象的に使っていたので、きっと似たような演出があるだろうと期待して観ましたが、やっぱりありましたよ!

今回はパブソングではなくフィドルとバンジョーの勇ましい演奏が特徴的な「Congress Reel」というダンス曲です。(サントラには未収録)

ストーリーは謎解きを放置して、モリアーティー教授との頭脳戦を描いた作品で、前作より気合が入った映画になってます。ホームズの相棒、ワトソン君の結婚式では、キルト(スカート)をはいたおっちゃんがバグパイプを吹いておりました。
やっぱりケルトの風薫る映画ですね。

映画の映像がYouTubeにあったので紹介しておきますね♪
格闘よりも音楽に夢中になっちゃいませんか?あれ、ぼくだけ?