Loading
現在、カートには商品がありません
カートの中を見る

ケルトの笛 運指表

キー付きアイリッシュ・フルート 運指表(低音域)

ここでは、キー付きアイリッシュ・フルート D管の運指を解説いたします。

  • ●G#…左小指
  • ●Fロング…左小指
  • ●ローC#…右小指
  • ●ローC…右小指
  • ●A#…左親指
  • ●C…右人差し指
  • ●Fショート…右薬指
  • ●D#…右小指

 低音域(第1オクターブ)

《D#キーについての考え方…》

D#キーは、ファ#からド#までの音では、押さえても音程には影響がありませんので、楽器を安定させる目的で押さえることができます。
ミの場合は、D#キーを押さえると音程が高くなりすぎることがありますので、チューニング・メーターで確認し、高すぎる場合は押さえない方が良いでしょう。
その場合、小指は楽器から離しておくか、D#キーのブロックの上に置いてください。

音程が低い場合はD#キーを押して下さい。

音程が平均律より低い場合はFショート(またはロング)・キーを押して音程を上げて下さい。
ただし、D調の曲の場合はファ#は長三度にあたるので、平均律よりも20セントくらい低い方が、和音が綺麗に聞こえます。その場合、Fキーは押さえないほうが良いかもしれません。

運指表を印刷して使われる方は、こちらからダウンロード下さい。