Loading
現在、カートには商品がありません
カートの中を見る

ケルトの笛とは

「ケルトの笛」とは、ケルト地域で演奏されている管楽器全般を総称する言葉です。

ここで解説するケルト地域は、ケルト文化が今もなお受け継がれている国・地域を指しており、アイルランド、スコットランド、ウェールズ、コーンウォール、ブルターニュ(フランス)、ガリシア(スペイン)としています。

ケルトの笛の中には元は同じ楽器だったとしても、地域で工夫や改良を重ねる中で、今では別の名前で呼ばれている楽器がたくさんあります。
それぞれの地域が持つ文化が、楽器に影響を与えている点で、歴史的にもとても興味深い楽器がたくさんあり、一度は生で演奏を聴いてみたいと強く思います!

また一口に「ケルトの笛」と言っても、こちらで紹介しているように様々な楽器の種類がありますが、当店ではティン・ホイッスルなどのたて笛、アイリッシュ・フルートなどのよこ笛、そしてバグパイプに特化して紹介しています。

ガイタ・ガレガ Gaita Gallega

スペイン北西部ガリシア州のバグパイプ。

1オクターブ半の音域ですが、オーバーブロウすることによりさらに高い音域を演奏することも可能です。
また、キーを使わずに運指だけで殆どの半音を演奏することが出来ます。

音量はかなり大きく、屋外での演奏に適していますが、現代では音響設備を利用してバンドでの奏にも使われています。

 
ステッカーで学ぶケルトの笛