Loading
現在、カートには商品がありません
カートの中を見る

ケルトの笛とは

「ケルトの笛」とは、ケルト地域で演奏されている管楽器全般を総称する言葉です。

ここで解説するケルト地域は、ケルト文化が今もなお受け継がれている国・地域を指しており、アイルランド、スコットランド、ウェールズ、コーンウォール、ブルターニュ(フランス)、ガリシア(スペイン)としています。

ケルトの笛の中には元は同じ楽器だったとしても、地域で工夫や改良を重ねる中で、今では別の名前で呼ばれている楽器がたくさんあります。
それぞれの地域が持つ文化が、楽器に影響を与えている点で、歴史的にもとても興味深い楽器がたくさんあり、一度は生で演奏を聴いてみたいと強く思います!

また一口に「ケルトの笛」と言っても、こちらで紹介しているように様々な楽器の種類がありますが、当店ではティン・ホイッスルなどのたて笛、アイリッシュ・フルートなどのよこ笛、そしてバグパイプに特化して紹介しています。

ノーサンブリアン・スモールパイプス Northumbrian Smallpipes

イングランド北部で演奏される、バグパイプ類に属する楽器です。
他のバグパイプとは異なる珍しい点は、チャンター(メロディを演奏する管)の先端が閉じられていることです。これによって、指孔を完全に閉じた時に息がどこからももなくなることから、音を止めたり、スタッカートに演奏することが可能となりました。

音量が大きなバグパイプ類の中にあってこの楽器は音量は小さめで、フルートやヴァイオリンなどともよく溶け合い、室内で演奏するのに適しています。

もうひとつの珍しい点は、オーバーブロウ(強く吹いて倍音を演奏すること)が使われないことで、すべての音をキーの開閉によって演奏します。
このため、どの音も均質な音色と音量となります。
半音階にも対応しており、クラシック的なハーモニーで演奏されることの多いイングランド音楽で効力を発揮します。

伝統的にはF管が用いられますが、他の楽器との合奏するにはD管が適しています。

日本での演奏者は極めて少なく、日本で手に入れることは不可能ですが、輸入代行に対応させて頂きます。
ドローンやキーの数により変動しますが10~30万円程度になります。
詳しくはお問い合わせください。
 
ステッカーで学ぶケルトの笛