現在、カートには商品がありません
カートの中を見る
ご利用ガイド お問合せ

ケルトの笛で広がる世界

ウェールズ

ウェールズ音楽をケルトの笛で吹くには

ウェールズ音楽はアイルランド音楽と良く似ており、ゆっくりとした歌の曲やハープの曲があり、ジグやリールといったダンスの曲があります。

ダンス曲は曲調がアイルランド音楽とは違うものの、同じように何度も繰り返し、メドレーにして演奏する習慣があります。

そのため、アイルランド音楽の基礎を身に着けていれば、ウェールズ音楽に馴染むにはそう時間はかからないでしょう。

ウェールズ音楽には、ティン・ホイッスルやフルートだけのためのレパートリーはなく、もちろん伝統的なフルートのための楽譜も出版されていません。


そのため、ウェールズで盛んなフィドルの曲を取り入れるのが実際的かと思います。
 

たとえば、"Welsh Fiddle music"(Sian Phillips著)というジグやリールを97曲収録したCDつき曲集があります。
彼女のフィドルは正統派のウェールズの演奏スタイルですので、CDと合わせて一緒に吹くだけでも、とても参考になります。
収録曲も有名なものばかりです。

ウェールズのピブゴーンやバグパイプのためのダンス曲集"The pibgorn tune book"(Keith Lewis著)も、ティン・ホイッスルやアイリッシュ・フルートで演奏しやすい調である#1~2つの調で書かれています。
ただし、CDは付いていません。
 
ちょっと本格的なフィドル曲集としては、Alawon John Thomas氏が18世紀に残したが曲集を、現代のフィドル奏者のCass Mewrig氏が編集したものがあります。
  "A fiddler's tune book from eighteenth-century Wales"

ただし、やはり伝統音楽は耳から覚えることが不可避ですので、CD音源やセッションで習った方がよりよいウェリッシュ・アクセントが身に着くかと思います。

これは、どちらかというとクラシック・スタイルのフルーティスト向けですが"The welsh flautist"(Douglas Townshend & Jeffrey Howard著)という楽譜も出版されています。
この本は、伝統音楽を編曲したもので、すべてのピアノ(またはハープ)のパートと変奏を含むフルートのパートが書かれています。

 

出展 pixabay.com

  • 友だち追加