現在、カートには商品がありません
カートの中を見る
ご利用ガイド

アイルランド狂詩曲(スタンフォード)

第2弾は前回に引き続き、アイルランド伝承曲にもとづいた作品を、ご紹介します。曲名は、「アイルランド狂詩曲」。
作曲者は、チャールズ・スタンフォード(1852-1924)。彼は何と、アイルランド出身の作曲家です! ダブリン生まれ。

狂詩曲とは、(1)楽器で演奏する、(2)形式は自由、(3)民族的な素材を用いる、などの特徴をもつ楽曲で、英語ではrhapsodyラプソディといいます。
有名どころは、フランツ・リストの「ハンガリー狂詩曲」や、モーリス・ラヴェルの「スペイン狂詩曲」など。
日本にも、伊福部昭の「日本狂詩曲」や、外山雄三の「管弦楽のためのラプソディ」といった作品があります。どちらも、いかにもニッポンニッポンしてますよ。
また、伊福部昭はあのゴジラのテーマの作曲者。「日本狂詩曲」の一部も、ゴジラの映画音楽に転用されています。
しかしそれよりも、私と同じ世代のかたがたは、テレビアニメ「こちら葛飾区亀有公園前派出所」のオープニングソングだった、「葛飾ラプソディー」を連想するんじゃないかな。……いけない、年がバレる。

さてこの「アイルランド狂詩曲」。第1番から第6番までの、全6曲あります。1曲あたり平均して15分ほど。
私は全曲ききましたが、ぶっちゃけ途中で力尽きました。老いのせいか、集中力がとぎれるんですわ。……いけない、年がバレる。
ですが、そんな私の残念な耳にもしっかり刻み込まれたのが、第1番と第5番です。

まずは第1番。下記の動画でご視聴ください。
 

の作品、アイルランドの神話に登場する、クーフリンやフィン・マクールといった英雄たちの物語を描いている、とされています。
神話大好き人間の私としちゃ、こんなこと聞いたらもう、それだけでテンションマックスですわ。

短い前奏がおわるとすぐ、ジグらしきリズムの好戦的なメロディが登場。なんとなく、開戦を目前に控え、士気を昂揚させているような雰囲気です。
個人的に、ジグは戦いの場面とよく似合うと思うんです。
このメロディは、Leatherbags Donnelという伝承曲らしいのですが、The SessionやYou Tubeで検索しても、1件もヒットしません。

Leatherbags Donnelが落ちついてくると、次に現れるのが、かの有名なDerry Air。
さて、私が所有する「アイルランド狂詩曲」のCDのライナーノーツには、この曲はDerry AirでもDanny Boyでもなく、Emer’s Farewell to Cuchullin(エイヴァーのクフリンへの告別)という名前で紹介されています。
クーフリン(ク・ホリンとも)は、アルスターとコナハトの戦争で活躍した、アイルランド神話で最大の英雄のこと。エイヴァー(エマーとも)はその妻の名前です。もちろん架空の人物ですよ、2人とも。
Derry Airは、非常に古い旋律だといわれています。しかし、まさか神話の英雄にまで関連する曲だったなんてねェ……。

続いて、「アイルランド狂詩曲第5番」。これも動画がアップロードされています。
 

こちらは前奏のあと、Return From Fingal(フィンガルからの帰還)が流れだします。
Return From Fingalは、The Sessionにはホーンパイプとして掲載されています。また、私が参加したセッションでは、リールとして演奏されることが多かった、と記憶しております。
ところが、この作品で聞かれるReturn From Fingalは、まさかのマーチ風

スタンフォードはこの伝承曲について、クロンターフの戦いのさ中に演奏された、という趣旨のことばをのこしています。
クロンターフの戦い、ご存知でしょうか。1014年にダブリンの北でおこった、アイルランドとヴァイキングの間の戦闘で、アイルランド側が勝利しますが、上王ブライアン・ボルーが戦死します。
スタンフォードはこの戦いのことを念頭に置いて、Return From Fingalを、勇壮な凱旋行進曲みたいな雰囲気に編曲したんでしょうね、きっと。
というか、ブライアン・ボルーと関連するんだったら、Brian Boru’s Marchも使えばよかったのにな、と思うのは私だけか……?

これがReturn From Fingalです。演奏はLúnasa。
 

ところでこのReturn From Fingal。The Sessionにもこの名前で登録されていますが、Fingalは地名ではありません
Fingalとは、「スコットランド・ゲール語で書かれた伝説を英訳した」と称して、18世紀に発表された、『オシアン』という創作物の登場人物の名前です。これにちなんで名づけられた、Fingal’s Cave(フィンガルの洞窟)という洞窟ならば、スコットランドに存在します。

6曲のアイルランド狂詩曲。奇跡的に全曲コンプリートできるCDを発見しました! さすがに1枚では収まりきらないので、2枚組みです。

【STANFORD: IRISH RHAPSODIES ETC.】
 アルスター管弦楽団
 指揮:ヴァーノン・ハンドリー
 録音年:1986-1991年
 レーベル:シャンドス

このディスクのいいところは、ライナーノーツの解説が非常に充実している点。それぞれの狂詩曲に使われた伝承曲の曲名が、すべて分かります。
輸入盤なので、もちろん英語ですが。

 
  • 友だち追加