現在、カートには商品がありません
カートの中を見る
ご利用ガイド お問合せ

ケルト音楽の楽器「ティン・ホイッスル」

小学校のリコーダーを小さくしたような、かわいらしい縦笛、ティン・ホイッスルです。

とても安く買えることと、誰でもカンタンに演奏が始められること、持ち運びが楽チンなことから、19世紀後半に爆発的に流行しました。
また安価で買えることから「ペニー・ホイッスル」(1ペニーで買えるからという説があります)という名前で親しまれていたんだそうです。

リコーダーとのわかりやすい違いは、左手親指の穴(背面)がないということです。
また基本的なティン・ホイッスルは、レから始まる音階(レミファ#ソラシド#レ)だということが特徴的です。
半音などの表現は難しいですが、基本的な伝統曲は演奏できるようになっています。

また本体が長く、管の太いものはロー・ホイッスルと呼ばれ、1オクターブ低い艶やかでとても色っぽい音を出すことができます。

「偏ったケルト話」でも触れていますが、近年では映画音楽などでも演奏され、注目されることが多くなってきました。
ケルト音楽をはじめるなら、ぜひこのティン・ホイッスルがおすすめですよ♪

 
  • 友だち追加