現在、カートには商品がありません
カートの中を見る
ご利用ガイド お問合せ

ケルト音楽の楽器「アイリッシュ・フルート」

やっぱり「ケルトの笛屋さん」の店長として、これを一番に挙げないわけにはいかないでしょう!

みなさんがフルートと聞いて、すぐに思い浮かぶのは銀ピカのフルートだと思います。
実はあれは「ベーム式フルート」などと呼ばれるキー付きの洋銀 or 銀 or 金 or プラチナで作られた楽器を指しています。
ケルト音楽で用いられる「アイリッシュ・フルート」は、そんなベーム式が出てくる前に使われていたフルートから派生したものだと言われています。

基本的にはキーがついていませんので、木の筒に穴が開いていて、それを指で押さえることで音を変える、いわゆるリコーダーのようなシンプルなスタイルが特徴的です。
現在では、様々な曲が演奏できるようキー付きのものも販売されています。

当店でも「D管」などと表記してありますが、こちらは「レ」からはじまる音階を演奏できるフルートですよ、ということを指しています。

小学校で習うリコーダーは「C管」なので、調が違うんです。
またこのあたりのお話も、こちらのページで解説しています。

 
  • 友だち追加