現在、カートには商品がありません
カートの中を見る
ご利用ガイド お問合せ

ガリシアの楽器「パーカッション」

ガリシア音楽で使われる楽器「パーカッション」

踊りに欠かせないのは、最も大事なリズムを刻むパーカッション。中でも特にパンデイレタと呼ばれるタンブリンは有名で、ガリシアでは世界でも珍しく、右手で楽器を持つスタイルが一般的です。また、パンデイロ・カドラード(通称アドゥフェ) と呼ばれる四角い形をしたフレームドラムもよく用いられます。

この他にも、巡礼の象徴であるホタテ貝の貝殻や、スプーン、唐辛子を入れるブリキ缶など、日常生活の中にあるものが楽器として用いられてきました。

  • 友だち追加