現在、カートには商品がありません
カートの中を見る
ご利用ガイド

ケルトの笛 インタビュー

カホル・マッコーネル(Cathal McConnell)との会話

※ この記事は、ホームページChiff and Fippleより、著作権保有者のDale Wiselyの許可を得て翻訳、公開しています。英語翻訳:村上亮子
 

アイルランドのファーマナ州出身のカホル・マッコーネルは、アイルランド音楽における、最も優れたフルート及びホイッスルの奏者である。
加えて、彼の歌声は気取りのない素朴なもので、どの伝統音楽、どのジャンルの歌手にも引けをとらない。
彼が結成したバンド、”ボーイズ・オブ・ザ・ロッホ(Boys of the Lough)”での活動は広く知られ、世界中の伝統音楽家やファンに敬意をもって迎えられ、セントルイス特報は「おそらく現代で最も偉大なアイリッシュ音楽のアンサンブル」と評している。
カホルの”Boys of the Lough” での活動は33年におよび、ホイッスル界に与えた影響は計り知れない。
例えばマイケル・コープランドはカホル・マッコーネルと出会って、フルートとホイッスルに目覚めたと言っている。
「カホルを聞いたのがすべての始まりだった」と私に言った人の数はもうわからない。
個人的に会ったことはないが、私はカホル・マッコーネルのことを自分のホイッスルの師だと思っている。
教師としての資質に恵まれ、ホームスパン社のCD付き教本は非常に役に立っている。
彼の新しいCD ”Long Expectant Comes At Last”はニューヨークでレコーディングされ、2000年2月に発売された。
ホイッスルやフルートの演奏はすばらしく、多くの共演者が参加しているが、特にすばらしいのは、楽しく、また、胸を打つカホルの歌である。

左枠:デール(インタビュアー) 右枠:カホル・マッコーネル

今晩で、Chiff & Fipple のニュースレターの読者は1770人になりました。
自称スポークスマンとして、質問に答えてくださったことにお礼申し上げます。
また、アイリッシュ音楽への貢献にも感謝いたします。
新しいCD、とても楽しんでいます。
どうしてニューヨークでレコーディングすることにしたのですか?

新しいCDを作ることになって、それにはビル・オックス(ニューヨーク在住、カホルのCDのプロデューサー)が最適だと思ったのです。

このレコーディングのミュージシャンの顔ぶれは自慢でしょう。
ちょっと名をあげただけでも、アイリーン・アイヴァース、ジョーニー・マッデン、それからあのリチャード・トンプソン。こういう方々とレコーディングするって、どんな感じですか?

素晴らしい経験で、とてもやりがいのあることでした。

初めてホイッスルを手にしたのはいつのことですか?
また、ホイッスルの前に、何か他の楽器をやっていましたか?

1952年のことです。
ホイッスルは私にとって最初の楽器でした。

独学したのはどの程度ですか。
教えてもらったのは?

最初、父のサンディー・マッコーネルとファーマナ州Rossdoneyでご近所だったP.フラナガンから習って覚えました。

私たちはホイッスルという楽器の歴史に興味があるのです。
ずっと長いこと、クラークとジェネレーションだけが手に入る楽器だったと思うのですが。

最初にクラークを手に入れました。
それから、ジェネレーションを買いましたが、こちらのほうが気に入っています。

今は、何を吹いていますか?

ジェネレーションのD管と、E♭です。

音楽家としての経歴に話を戻しますが、フルートを始めたのはいつですか?

1958年にファーマナ州テンポのジョー・シャノンから中古のフルートを買いました。
ひびが入っていました。

時には違う楽器も演奏するのですか?

いや、やりません。
もちろん歌うのは好きです。

前書きでも書かせてもらいましたが、あなたの教本CDはとても役に立ちました。
教えるのがお好きだという印象を受けますが。
教えるということをどう感じておられるのか、また、今も教えることがあるのか教えてください。

教えるのが好きですし、ずっと、あちらこちらで教えてきました。
コンテストの審査員もしましたが、教えるほうがずっと好きです。
この夏は、スウェーデンのファールン民族音楽祭で教えます。
80年代中ごろから何度も声がかかっていたのです。

多くの同世代のアイリッシュ・ミュージシャンもそうですが、あなたも伝統音楽を伝統的なスタイルで演奏し続けてきましたね。
伝統音楽への関心が今ほど広くいきわたっていない時代だったのですが。
伝統的なアイリッシュ音楽は死に絶えるかもしれないと思ったことはありますか?

1950年代、アイリッシュ音楽は衰退していて、ミュージシャンは物笑いの種にされたものです。
でも、アイリッシュがラジオやテレビに取り上げられ、LPやテープになると、一変しました。

昔と今ではずいぶん違っているでしょうね。
今ではアイリッシュのファンは大勢います。

ええ、まったく隔世の感です。

バンドにとっては、メンバーが変わるということは大変なことでしょうね。
今のBoys of the Lough のメンバー構成はどうですか?

とてもいいですよ。
若いミュージシャンと活気にあふれた時間を楽しんでいます。
キーボードのブレンダン・べグリー。
それからマルコム・スティット。彼なんかバンドが結成された時には、まだ生まれてもいなかったのですよ。
いい若者です。

ツアーのご予定は?
アメリカでCD発売のツアーを行いますか?

4月に短いツアーでアメリカに行きます。
今年はヨーロッパの色々なところでBoys of the Lough の活動があります。
アメリカでは新しいエージェントとうまくいき始めています。
ホイッスルのアルバムを作る時間が取れたらいいですね。