現在、カートには商品がありません
カートの中を見る
English / 中文

輸入の際の支払いと納品・検品

注文した商品の支払いをします。取引先によって、色々な支払い方法があります。
Paypal(オンラインの決済サービス)だったり、クレジットカードだったり、銀行間の国際送金だったり。
また、支払いのタイミングも、注文時だったり、納品直前だったり。さらに、支払い通貨もいろいろ。

支払い時に少しでも円高になることを願うばかりですが、それだけは誰にも分かりません。2011年頃の円高の時代はよかったなあ……。また来ないかなあ。さあ、支払いを済ませてあとは納品を待つばかりです。

支払いから納品までは1カ月程度かかります。(たまに配送トラブルがあり、一度日本宛に送った楽器が、なぜかブラジルに届いたという事件がありました)
商品は、たいていは郵便局の方が家まで届けてくれます。楽器には関税はかかりませんが、消費税がかかりますので、受け取り時に職員さんに支払います。2018年からはハープや太鼓など大型の楽器を取り扱うようになり、関西空港の通関会社に依頼しています。
 

届いた商品はすぐに開封し、インボイス(納品書)と数が合っているかどうか、初期不良は無いかを確認します。
もし何か問題があれば、すぐにメーカーに連絡をとり、対応を確認します。そして、原価計算をして商品を値付けして、店長に在庫を受け渡します。ここで僕の仕事は終わり。後は、店長がお客様に販売し、運送会社がお客様のお家まで届けてくれます。
 
hatao