Loading
現在、カートには商品がありません
カートの中を見る

笛屋さんができるまで

*店長執筆のため、hataoに敬称をつけています

店長がhataoさんに会ったのが、忘れもしないある夏の…もしくは秋か、春か、冬の日。
どこか…そうどこかの駅で初めて会ったんです。
たぶん2002年〜2004年の時期です。(なんにも覚えていないのかもしれない)

その頃からバリバリ、ケルトの笛演奏家として活躍されていたhataoさんですが、その演奏活動の報告の場としてブログ更新もされていたんですね。
そんなブログを通じて、ケルトの笛の魅力をもっと多くの人に知ってもらいたいと、ずっとブログのコーナーの1つとして、個人で輸入した楽器を紹介していたんです。(なんと多才な)

さらに、hataoさんが主催した「万笛博覧会」という、笛マニアには垂涎モノの、超マニアックで密度の濃いイベントも開かれていて、そこに商いが得意だった店長がお手伝いで参加したんです。
このイベントは数日に渡って開催されていたので、時間を見つけて、店長自作のポップ(商品の特徴や値段の描かれたカード)を作って、せっせとケルトの笛の魅力を参加者の皆さんに語ってたんですね

そんな万笛博覧会でのおデブな売り子の活躍を見て、hataoさんから「いま、ブログの傍でやっている笛の販売を独立させて、もっと大きく展開したいと思ってるんだけど、手伝ってくれない?」と提案をいただいたんです。

これを二つ返事で快諾したことで、ケルトの笛屋さんが誕生することになったんです。
店長