現在、カートには商品がありません
カートの中を見る
English / 中文
 
はじめに
国内でも人気が高まっているアイリッシュ・フルートですが、クラシック・フルートのように楽器店で簡単に手に入るものではありません。

「ケルトの笛屋さん」では低価格で高品質なポリマー製のものから、キーの付いた木製のものまで多数のアイリッシュ・フルートを取り扱っていますが、ここでは、どのようにして自分にぴったりの楽器を選んだらよいのかについてお伝えします。
 
少ない予算で始めたい方
低価格でも木のものを使いたいという方は、木製フルートとしては珍しく10万円未満で購入できる楽器として、Morneaux(モルノー)の楓製フルートがお勧めです。
シンプルですが合理的な設計で、鳴りやすいです。
 
  • Musique Morneaux 楓製 アイリッシュ・フルート D管

    アメリカの老舗メーカーSweetheart社の代表ラルフ・スウィートさんが引退されたことで、同社の職人ジョゼフ・モルノーさんが、ラルフさんの跡を継ぎ独立して立ち上げた新メーカーのアイリッシュ・フルートです。

    54,800円
    商品詳細へ
 
またポリマー製の楽器は品質がよく、木と変わらないほどの演奏性能を実現しています。
ワシントン条約の改正でアフリカンブラックウッドの輸入は制限されるようになりました。
今後ますますポリマー製フルートは一般的になるかもしれません。

Galeonはシンプルな設計で、音響工学をもとにした非常に良く鳴るフルートです。
指の幅を狭くしたLarsenモデル、薬指の孔をずらして押さえやすくしたオフセット モデルがあります。
 
  • Galeon ポリマー製アイリッシュ・フルート D管 スタンダード・モデル

    アイリッシュ・フルート入門モデルとして最適なメンテ不要のフルートです!

    49,800円
    商品詳細へ
 
  • Galeon ポリマー製アイリッシュ・フルート D管 オフセット・モデル

    アイリッシュ・フルート入門モデルとして最適なメンテ不要のフルートの、指孔が押さえやすい位置に配置されたオフセット・モデルです!

    49,800円
    商品詳細へ
Somersはチューニング・スライドを備えた本格的なキーなしフルートで、素材がポリマーであることを除けば、標準的なアイリッシュ・フルートと変わりがありません。
Rudall & RoseとPrattenから選べます。
 
  • [予約商品] Somers Flute ポリマー製 "Rudall & Rose" アイリッシュ・フルート D管

    高品質のポリマー製フルートを製作するブラジルの職人Garry Somersガリー・サマーズによるフルートです。

    72,800円 〜
    商品詳細へ
 
  • [新入荷] Somers Flute ポリマー製 "Pratten" アイリッシュ・フルート D管

    高品質のポリマー製フルートを製作するブラジルの職人Garry Somersガリー・サマーズによるフルートです。

    72,800円 〜
    商品詳細へ
!お勧めできない楽器!
木のものだからといって、パキスタン製の3万円程度のフルートは購入しないようにしましょう。
音程も鳴りも悪く使い物にならないばかりか、評判が悪く売却も難しいです。
 
キーのついたフルートが必要な方
半音階を演奏するためにキー付きフルートを購入したいという方は当店で取り扱っているLehartの6キーフルートがおすすめです。Lehartは納期が短くキー付きフルートとしては比較的安く購入することができますし、6キーがあれば、すべての半音階をスムーズに演奏できます。
 
  • Gilles Lehart 6キー付き 木製アイリッシュ・フルート

    フランス・ブルターニュの定評のあるフルートメーカーGilles Lehart製の6キー付きアイリッシュ・フルートです。

    268,000円
    商品詳細へ
当店としては、Gilles Lehartのほかに、若干価格は高くなりますが、Dave Copleyを推薦しています。納期は3ヶ月ほどです。

他の職人のフルートは待ち時間が半年~数年かかることがあります。以下に、6キーフルートの参考となる価格を掲載いたします(2016年の価格)。

Paddy Ward 2200 USD
Dave Copley 2565 USD
David O'Brian 1700 EUR
Martin Doyle 2360 EUR
Hammy Hamilton 3290EUR

上記は比較的入手がしやすい職人ですが、 Chris Wilkes、Michael Grinter、Patrick Olwell、Stéphane Morvan、Pol Jezequel、など人気の職人は納期が2年以上かかるでしょう。

当店ではフルートの輸入代行サービスを行っており、15%の手数料でお客様のご希望どおりのフルートを手に入れるお手伝いをしております。
 
8キーが欲しい方
8キーとは、通常の6キーに加えて足部管に低音のCとC#専用のキーが付いたフルートのことを指します。これらのキーはアイルランド音楽には不要であり、また製作の難易度が高いため、8キーフルートを作っている職人は多くありません。

お勧めはDave Copleyですが、Hammy Hamilton、Thomas Aebi、Michael Grinter、Pol Jezequelなどが製作しています。価格は40万円~70万円程度となります。
輸入代行でご相談に応じています。
 
手の小さい方
アイリッシュ・フルートはキーがないため、モダンフルートよりも指孔の間隔が広いです。特に右手の薬指の指孔が遠く、手の小さい方にはおさえるのが困難かもしれません。
そういった方のために、2つのデザインがあります。

ひとつは両手ないし右手の薬指の指孔を手前にずらしたオフセットモデルです。

もう一つは、右手の指孔の間隔を寄せたモデルです。

すべての職人がこのオプションに対応しているわけではありませんが、ポリマーフルートのGaleonやDave Copleyはこれらのモデルに無料で変更することが可能です。
 
  • Galeon ポリマー製アイリッシュ・フルート D管 オフセット・モデル

    アイリッシュ・フルート入門モデルとして最適なメンテ不要のフルートの、指孔が押さえやすい位置に配置されたオフセット・モデルです!

    49,800円
    商品詳細へ
 
ワシントン条約について
希少な動植物の保護を定めたワシントン条約(CITES)が平成29年1月2日から改定され、当店で販売している楽器に使用されている木材も一部が対象となりました。

当店のアイリッシュ・フルートやアイリッシュ・ピッコロに使われているアフリカン・ブラックウッドやローズウッドについては保護対象となります。

演奏家が自分の楽器を国外に持ち出す場合は付属書Ⅱの解釈15のb)「船積ごとの合計の最大重量が 10kg 以下の非商業的輸出」の扱いとなり、制限を受けることはありません。

しかし、国によって対応が異なる場合がありますので、税関で証明を求められた際のために、購入時の領収証やCITESの輸出許可証を 楽器と一緒に携行しておくと良いでしょう。
CITESの輸出許可証については2017年10月以降に当店に輸入した商品については、ご請求いただければPDFのデジタルデータをお送りすることができます。
なお、帰国時は輸入にはあたりませんので、問題はありません。