Loading
現在、カートには商品がありません
カートの中を見る
 
アイリッシュ・フルートのモデル
アイリッシュ・フルートには様々なモデルがありますが、中でも19世紀のイングランドで品質の良いフルートを生産していた2つのメーカーが愛用されています。
ルーダル&ローズ(Rudall & Rose)
標準的な指孔のサイズです。トラヴェルソほど小さくなく、モダン・フルートほど大きくありません。音色は曇って影があり、スモーキー(煙でいぶしたような)と表現されます。
特に、ツゲで作られたこのモデルのフルートは甘い音色が特徴です。
プラテン(Pratten)
ルーダル&ローズに比べて大きな指孔と内径を持っています。音量が大きく、解放的な音色です。息の消費量もより多くなります。手が大きく、音量を重視したいプレーヤーに向いています。
独自モデル
上記どちらでもない、メーカーによって独自に設計されたモデルです。
例えば、19世紀のフルートは3オクターブめいっぱい演奏するために、全体的に音程をやや妥協していますが、伝統音楽では2オクターブしか使わないので、2オクターブ目までの音程を改善したものがあります。また、指孔の小さな人が演奏しやすくしたモデルもあります。
フルートのモデルについて、詳しくはこちらのサイトをご覧ください。
(オーストラリアのフルート製作者Terry McGeeのサイト)