Loading
現在、カートには商品がありません
カートの中を見る

ケルトの笛とは

「ケルトの笛」とは、ケルト地域で演奏されている管楽器全般を総称する言葉です。

ここで解説するケルト地域は、ケルト文化が今もなお受け継がれている国・地域を指しており、アイルランド、スコットランド、ウェールズ、コーンウォール、ブルターニュ(フランス)、ガリシア(スペイン)としています。

ケルトの笛の中には元は同じ楽器だったとしても、地域で工夫や改良を重ねる中で、今では別の名前で呼ばれている楽器がたくさんあります。
それぞれの地域が持つ文化が、楽器に影響を与えている点で、歴史的にもとても興味深い楽器がたくさんあり、一度は生で演奏を聴いてみたいと強く思います!

また一口に「ケルトの笛」と言っても、こちらで紹介しているように様々な楽器の種類がありますが、当店ではティン・ホイッスルなどのたて笛、アイリッシュ・フルートなどのよこ笛、そしてバグパイプに特化して紹介しています。

ティン・ホイッスル Tin Whistle

ティン・ホイッスル(Tin Whistle) は、前面に6つの指孔がある、リコーダー状の発音機構を持つ縦笛です。
主にアイルランド、スコットランド、イングランドの伝統音楽や、ケルト系の音楽をルーツにしたアメリカ民謡で親しまれています

小中学校で習うリコーダーと同じく歌口の装置(フィップル)を持っていますので、音を鳴らす技術がなくても息を吹き込むだけで音を鳴らすことができます。

さらに詳しく読んでみる!
 
ステッカーで学ぶケルトの笛