Loading
現在、カートには商品がありません
カートの中を見る

ケルトの笛奏者の紹介

Michael MacGoldrick
map

Michael MacGoldrick

バイオグラフィー

  マイケル・マクゴールドリックはイングランドのマンチェスター生まれのミュージシャン・作曲家です。

彼は幼少期からティン・ホイッスルやフルートの練習を開始し、今ではティン・ホイッスル、ロー・ホイッスル、アイリッシュフルート、イーリアンパイプを演奏する売れっ子ミュージシャンです。

マルチ奏者ぶりは管楽器以外にもおよび、アルバムではブズーキやギター、ベースやバウロンやドラムも演奏しています。

マイケルはこれまでに数々の賞を受賞してきました。
1989年に18歳でAll Ireland Championをフィドル奏者のデジ・ドネリーDezi Donnellyとともに受賞し、”Champions of the North”というデビュー・アルバムを制作しました。1994年にはBBC Young Tradition Awardを、2001年にはBBC Radio 2Folk AwardsでInstrumentalist of the Year を受賞しました。

1995年には後に「フルックFlook」と改名する「フルーク!Fluke!」 をブライアン・フィネガンBrian Finneganやセーラ・アレンSarah Allenと共に始めますが、ライブ・アルバムを録音しツアーが終わると同時に彼は別の目的のために脱退してしまいました。

のちに彼はバンド 「ルナサLúnasa」の立ち上げに関わり、1997年から2000年までのメンバーとして在籍し2枚のアルバムに参加しました。

1999年にはエデンズ・ブリッヂEden’s Bridgeにも参加し、3枚のアルバムを作り、そのバンドのメンバーと共にさらに2枚のアルバムも作りました。

マイケルは定期的にアフロ・ケルト・サウンド・システムAfro-Celt Sound Systemと歌手のケイト・ラスビー・バンドKate Rusby’s bandでも活動しています。

そして、いよいよ2011年には彼のバンドであるMichael MacGoldrick Bandが動き出しました。このバンドはギター、バウロンに加えてタブラやホーンセクションを加えた壮大なもので、モダンでハイセンスな伝統音楽を演奏しています。

彼は様々なローカルなフェスティバルや世界的なフェスティバルに参加し、多くのワークショップを開催する中で、知名度や人気を獲得していき、今ではアイリッシュ・ケルトを代表するミュージシャンとなり現在もケルト音楽界の要となって精力的に活動を続けています。
 

演奏動画