現在、カートには商品がありません
カートの中を見る
ご利用ガイド お問合せ

ケルトの笛屋さん ケルト音楽で使われる楽器

ここではケルト音楽、アイリッシュ音楽などで使われる楽器(また当店で販売している楽器)がどんなものなのかを簡単に紹介しています!
ケルト音楽に興味があるけど、何をはじめようか迷い中...という方や、どんな楽器があるんだろう?と思っている方は、ぜひこちらのページでざっくりとした種類をご確認ください!
また、楽器ごとの詳しい記事も公開していますので、興味のある楽器が決まったら、それぞれのページをご覧ください。

ティン・ホイッスル

アイルランド音楽を代表する(といっても過言ではないはず)かわいらしい縦笛、ティン・ホイッスルです。

とても安く買えることと、誰でもカンタンに演奏が始められること、持ち運びが楽チンなことから、19世紀後半に爆発的に流行しました。

半音などの表現は難しいですが、基本的な伝統曲は演奏できるようになっています。

また本体が長く、管の太いものはロー・ホイッスルと呼ばれ、1オクターブ低い艶やかでとても色っぽい音を出すことができます。

 

アイリッシュ・フルート

みなさんがフルートと聞いて、すぐに思い浮かぶのは銀ピカのフルートだと思います。
実はあれは「ベーム式フルート」などと呼ばれるキー付きの金属でで作られた楽器を指していまして、フルートの歴史では後輩にあたります。で、彼らの先輩とも言えるのが「アイリッシュ・フルート」です。

キーがついていモデルが主流で、木の筒に穴が開いていて、それを指で押さえることで音を変える、いわゆるリコーダーのようなシンプルなスタイルと、その構造を生かした奏法が特徴的です。

 

バグパイプ

スコットランドといえば、バグパイプがとりわけ有名です。

バグパイプは1000年以上も前から演奏されていたと言われている、とても独特な構造を持つ楽器です。

まず口にくわえた管(ブローパイプ)を通して、バッグに空気をため、そこに圧力を加えることによって、中にある空気をチャンターと呼ばれるリード(音を鳴らす仕組み)のついたパイプに送ることにより音が出ます。

一度聴いたら忘れられない独特な音色はとても幻想的です。

アイリッシュ・ハープ

アイリッシュハープ、ケルティックハープとも呼ばれ、通常クラシック音楽などで使うハープより小柄なものになっています。

ハープは特に古い時代から使われていた楽器です。
アイルランドの伝説や物語に数多く登場し、アイルランドで最も有名と言っても過言ではないギネスビール(黒ビール)のシンボルにもハープが刻印されています。
かつて吟遊詩人という物語を語り継ぐ人がいまして、その人たちが物語を語る時の伴奏に使われていたのが、ハープだったそうです。

コンサーティーナ

1800年代前半~中盤にかけて開発されてから、一大ブームを巻き起こした、一風変わった形の楽器、コンサーティーナです。

アコーディオンと同じように、両手で持って蛇腹部分をギーコギーコと伸ばしたり縮めたりすることで、音が鳴る仕組みになっています。ちなみにアコーディオンよりもかなり小さめです。

今では他の楽器と変わらないお値段になっていますが、実は開発された当初は激安楽器のひとつで、お手軽なサイズも手伝って老若男女問わず飛ぶように売れ、一気に普及したそうです。

アコーディオン

コンサーティーナよりもさらに「良質で大きな音が鳴る」ということで登場し、人気を博したのがアコーディオンです。

アイルランド伝統音楽で使われることの多いのは、ボタンだらけのボタン・アコーディオンというモデルです。(ピアノ鍵盤のやつなら知ってる!という方も多いかと思いますが、そちらもピアノ・アコーディオンと呼ばれています)

アイリッシュに人気のボタン・アコーディオンですが、元々はボタンがちょっとしかない、かなりシンプルな「メロディオン」と呼ばれるモデルが広く演奏されていたそうです。ですが、曲の多様化に伴い、演奏の幅が狭いことから「ボタン多いバージョン」へ移行していったといいます。

バウロン

アイルランド音楽の中でもとりわけ有名な楽器のひとつがバウロンです。 とてもシンプルな構造で、片側だけに皮が張られた手持ち太鼓は、周りは木の枠、後ろにはわたした木があり、そこを片手で持ち、もう片方の手でビーター(右下の棒)を使って、あるいは素手で演奏します。

バウロンはアイルランドでは古くから演奏に使われていたそうですが、それ自体の用途は、割と最近まで、ただの生活用品だったんだそうです。
食事や飲み物などを運び終えて腰を下ろしたあとに、そのお盆を叩いて使っていたのがバウロンの元祖、なんて言われています。

バンジョー

元々、ヒョウタンの実を削った楽器で、1600年代にはアフリカなどで演奏されていた記録が残っているそうです。
その後、アフリカから連れてこられた奴隷の人たちによってアメリカに持ち込まれ、一気に広がったという歴史を持っています。

アメリカでカントリー音楽とケルト音楽が融合した「ブルーグラス」と呼ばれるジャンル音楽では必ず演奏される楽器のひとつですね。

ちなみにバンジョーが初めてアイルランドに紹介されたのは1845年、アイルランド系アメリカ人が率いるグループによって、そしてアイルランド音楽の中でバンジョーを使った最初の録音は1920年代アメリカで、という様にアメリカからの逆輸入としてやってきた楽器だったようです。

フィドル

古くは1600年代にはすでにアイルランドでフィドルを演奏していたという記録も残っているそうです。アイルランド音楽の歴史ではハープ、イリアンパイプのブームがひとしきり去った頃、フィドルが盛り上がったんだそうです。

ちなみに、クラシック音楽家はヴァイオリン、伝統音楽の演奏家はフィドルと呼び分けていると言われています。

  • 友だち追加