現在、カートには商品がありません
カートの中を見る
ご利用ガイド お問合せ
トップ > 楽器 > アイリッシュ・フルート > D管

David Copley アイリッシュ・フルート D管 オフセット(ポリマー製)

David Copleyはアメリカ・オハイオ州に工房を構えるフルート職人です。

工房ではパートナーのMarlene Boegliさんとともに2人とともにアイリッシュ・フルート、トラヴェルソ、モダンフルートの頭部管を製造しています。

モットーはエンジニアの経験および技術と科学的理論にもとづいて、勤勉誠実な職人として楽器を製造することです。

イングランドに生まれたDaveさんは自動車メーカーRolls Royceのエンジニアとして働いたのち、航空エンジンの性能向上のためにGMで働きました。
アメリカに1979年に移民し、その頃からティン・ホイッスルとアイリッシュ・フルートとでアイルランド音楽の演奏を始めました。
Marleneさんは金属加工と宝飾デザインの技術を学び、その技術を活かしてフルートの金属部分の加工を担っています。

CopleyではPratten、Rudall&Roseの2つのモデルをメインに、様々な木材とデルリン樹脂の素材の選択、最高8つまでのキーの有無、チューニング・スライドの有無、吹口の形状、指の幅や大きさの変更、左利き用といった数多くの個別注文を受け付けています。

Copleyフルートの特徴は、反応・音程ともによく、アイルランド音楽の演奏に非常に適していることです。
待ち時間も比較的短いのが特徴です。

オフセットモデルは、指穴の位置が寄せてある手の小さな方に持ちやすい設計になっています。

● デルリン製フルートのお手入れ(David Copleyのメンテナンス文章の和訳)

デルリン素材は、丈夫で耐水性があります。デルリンは82℃以上の温度で軟化しますので、晴れた日の熱い車内にフルートを放置しないでください。
フルートは、ジョイント部分に軽くグリスを塗った状態で出荷されます。トップジョイントは、通常デルリンとデルリンのジョイントになっています。もし、より楽にスライドさせたい場合は、グリスを拭き取り、ワセリンを塗ることができます。ジョイントグリスの容器はフルートに付属しています。上側のジョイントが乾燥してきたり、滑りが悪くなってきたら塗ってください。もし、下部のジョイントがデルリン同士の場合は、上記のようにジョイントグリスを使用してください。ジョイントがコルクの場合は、コルク・グリースが付属しています。コルクジョイントの滑りをよくするために、必要に応じて使用してください。

定期的にアンブシュアホールとトーンホールを湿らせた布か綿棒で拭いて、付着物を取り除いてください。また、ボアも時々拭いてあげるとよいでしょう。

外装が灰色っぽくなってきたら、ワセリンをごく薄く塗り、布で余分な部分を取り除くと、元の黒い外観を取り戻すことができます。このとき、トーンホールやアンブシュアホールにワセリンの跡が残らないように注意してください。

銀色のリングは、宝石用ルージュクロス Rouge Clothで磨くことができます。デルリンDフルートでは、エンドキャップとチューニングコルクが一体となっているため、チューニングコルクの位置を調整することができません。ご希望であれば、エンドキャップとコルクを別々にすることも可能です。

C、F、Gのデルリン製フルートでは、エンドキャップとチューニングコルクが別々になっているのが標準です。ジョイントを約2mm引き伸ばした状態で、A440でチューニングされるように設計されています。これは奏者によって多少異なりますが、演奏開始時、フルートが温まる前にジョイントを完全に押し込む必要があるかもしれません。

※ 文章はDavid Copleyのメンテナンス文章ですが、他のデルリン製のフルートのメンテナンスにも役立つ情報が含まれるため、Copley以外の商品にも掲載しています。一部の内容は実際と異なることがありますので、ご留意ください。

David Copley アイリッシュ・フルート D管 オフセット(ポリマー製)

¥ 83,200
在庫数: 3
 

会員登録をせずにご注文をご希望のお客様

会員登録をせずにご注文いただけるようになりました。
※ 恐れ入りますが、その場合はクレジット決済はご利用いただけません。

会員登録をせずにご注文をご希望の場合は、下記の申込みフォームよりお申し込みください。

   

商品レビュー

この商品のレビューはまだありません。

レビューの投稿

レビューの投稿にはニックネームの登録が必要になります。マイページの登録内容の更新から登録をお願いいたします。