Loading
現在、カートには商品がありません
カートの中を見る
 
アイリッシュ・フルートにできて、モダン・フルートにできないこと
モダン・フルートは、複雑に発達したクラシック音楽に対応するために、3オクターブの音域すべてにおいて、均等で豊かな音量や音色で、正確な音程で演奏できるように開発されたフルートです。それを実現するために、タンポで指孔をふさぐ複雑なキー・システムを備えています。

世界中にあるほとんどすべての笛は指孔を直接ふさぐのですが、その点がモダン・フルートの特殊な点です。タンポがあることにより、民族音楽では当たり前のように使われている声の模倣、つまりポルタメントがしにくくなってしまいます。

また、アイリッシュ・フルートで一般的に使われる、指によるヴィブラートも、モダン・フルートではできない音が多いです。

音色については、アイリッシュ・フルートの持つ円錐間独特のリード楽器のような密度の高い音色を再現することはできません。モダン・フルートよりも古い時代の楽器=未発達の楽器と考えられがちなのですが、全く違う魅力や特性を持った楽器と考えて良いでしょう。