Loading
現在、カートには商品がありません
カートの中を見る
 
アイリッシュ・フルートが今でも伝統音楽で使われている理由
アイルランドの伝統音楽において、音楽性の根幹にあるのはバグパイプです。
事実、18世紀までのアイルランドにおいて、ダンス音楽を奏でていた楽器はバグパイプとフィドルでした。

アイリッシュ・フルートの円錐管の内径は、バグパイプの持つリードの音に近い、硬質な音色を生み出します。
また、モダン・フルートがキーを通じて指孔を押さえるのに対して、アイリッシュ・フルートは指で直接指孔を押さえるため、装飾音への反応が速く、また、「スライド」などのバグパイプの装飾音を可能にしています。
運指がバグパイプとほぼ共通で、モダン・フルートとの最大の違いは、アイリッシュ・フルートでのファ#は、モダン・フルートではファのナチュラルになってしまうことです。

伝統音楽のほとんどの曲が#が1つか2つの調であるため、アイリッシュ・フルートはこれらの調を演奏するのに、とても適しています。

とはいえ、アイリッシュ・フルートの工房ができる前の1970年代以前は、手に入りやすいモダン・フルートで伝統音楽を演奏していた時期もありました。
モダン・フルート固有の制約のためにアイリッシュ・フルートとはニュアンスが変わってしまうものの、モダン・フルートでも十分、伝統音楽を演奏することができます。