現在、カートには商品がありません
カートの中を見る
ご利用ガイド お問合せ
トップ > 楽器 > ロー・ホイッスル D管 > D管

Michael Burke ロー・ホイッスル D管 - Viper サムホール付き (アルミ製)

アメリカの手作りティン・ホイッスル職人Michael Burke(マイケル・バーク)氏のアルミ製D管ロー・ホイッスル サムホール付きです。
Viper(バイパー)は通常のロー・ホイッスルの名称です。

マイケル・バークのロー・ホイッスルは、 音程・吹き心地ともに素晴らしく、繊細な表現もできるバランスが取れた能力の高いティン・ホイッスルです。

本体がアルミ、マウスピースはデルリンという硬いプラスチックでできており、しっかりした作りです。安定感が抜群ですので、コンサートでも活用できます。
初心者の方にとっても、吹きやすく、練習が楽しくなる楽器ですので、お勧めしています。
頭部を抜き差しすることでチューニングできます。
また管体下部(写真7〜8枚目)を回すことで、一番下の指孔の位置を自由に動かせるため、手の小さな方でも持ちやすくなります。

Goldieのロー・ホイッスルに比べ、太めのやわらかな音色なのが特徴です。

● サムホール(管の背面の親指用の指孔)付きモデルについて

上の手(右利き奏者は左手)の親指で操作する裏孔が開いたモデルです。基本的には通常のティンホイッスルと運指は同じで、B(シ)をおさえた状態でサムホールを解放するとC(ド)ナチュラルが出ます。通常の運指ではCナチュラルをクロス・フィンガリングや指孔の半分開けで出しますが、音程が不安定で音色が暗くなりがちです。サムホールを利用することで、Cナチュラルの音質や音量が他の音と近づきます。BとCの音のつながりによっては運指がスムーズになります。サムホールのCナチュラルはモダンフルートと運指が同じであるため、モダンフルート奏者には扱いやすいかもしれません。

  • 全長57.0cm
  • 重さ177g
  • 材質アルミ(管体)デルリン(吹き口)
  • 付属品なし
  • チューナブル


● Burke製ティン・ホイッスルのメンテナンスポイント

マイケル・バークのホイッスルは非常に美しい楽器のため、金属の経年劣化が気になりやすいかもしれません。(特に真鍮は赤っぽく変色したあと、アンティーク風になります。アルミはそれほどでもありません)
そういった時には金属磨きで磨いていただくと、購入したてのような美しさになります。
 

Michael Burke ロー・ホイッスル D管 - Viper サムホール付き (アルミ製)

¥ 53,800
在庫数: 1
 

商品レビュー

この商品のレビューはまだありません。

レビューの投稿

レビューの投稿にはニックネームの登録が必要になります。マイページの登録内容の更新から登録をお願いいたします。

  • 友だち追加