現在、カートには商品がありません
カートの中を見る
ご利用ガイド
トップ > CD > Shanachie シャナヒー

She was under the tree / Shanachie

どこか懐かしいアコースティックな楽器を用いた、不思議な音色に包まれて、楽しくて美しい北欧のおとぎの森へ。

ケルトや北欧の伝承音楽を、幻想的なアレンジで演奏する女性トリオ、シャナヒー5年ぶりの新譜!伝承曲からオリジナル曲まで、色とりどりの音色でファンタジックに綴る、11の物語。

■収録曲目
1. オロフと人魚
2. お母さんのワルツ
3. タピオの森の行進
4. 銀の鈴
5. ソレロン島のロングダンス
6. 鎮める森
7. 熊と女の子の踊り
8. 機械仕掛けのポエティカ
9. 聖夜、神がお生まれになった
10. セクスドレガのポロネーズ
11. 彼女は木の下にいた

【Guest】
寺田 侑加(u-full) /Accordion
トリタニ タツシ( カンラン)/Hurdy Gurdy
hatao(hatao&nami)/Bass & Sopranino Recorder, Willow Flute
新井洋平( ウミネコ楽団)/Contrabass

【Illustration】
清嶋 素子 Motoko Kiyoshima
テンペラ画というヨーロッパの古い技法を用いて宗教画を長年描く。
2ndからシャナヒーのジャケットを担当。
長く闘病しながら、10年に渡りシャナヒーの音楽と絵画とのコラボレーションを行ってきた。

【シャナヒー Shanachie】
みどり /Fiddle, Hardingfele
Aki/Percussion, Melodica, Marimba, Vibraphone, Toy Glockenspiel
上原奈未/Harp, Pump Organ, Synthesizeçr

伝統音楽の主役であるフィドルを中心に、ノルウェーの伝統楽器ハーディングフェーレ、アンティークの足踏みオルガン、ハープ、様々な国からやってきた色とりどりのパーカッション…。シャナヒーは、ケルトや北欧の伝承音楽を、幻想的なアレンジで演奏する女性トリオ。1998年結成以降関西を中心に演奏活動を行う。各地の歴史や民話をモチーフにした物語コンサート作品も定期的に発表し、トラディショナルに留まることのないスタイルとサウンドで独自の世界を放ってきた。2013年に発売した3rdCDからは北欧の伝承歌やダンス曲をモチーフに、よりファンタジックな音作りに。
2016年より、北欧の物語歌に焦点をあてた女性7人編成の「Shanachie&Annikor」が始動し、器楽トリオのシャナヒーと並行に活動の幅を急速に広げている。
今回のCDはこの5年間の曲をまとめた、初の器楽集となる。
ゲーム、TVCM、映画、映像などの音楽を手がけ、海外アーティストとも多数共演。これまでにCD「サリーガーデン」「タイムブルー」「リュース」を発売。シャナヒーのCDの他に、3枚のコンピレーションアルバムに参加、発売している。
HP http://shanachie.jp/
お問い合わせください

商品レビュー

この商品のレビューはまだありません。

レビューの投稿

  • 友だち追加