Loading
現在、カートには商品がありません
カートの中を見る

音程で選ぶ

セッションなどで演奏したり、アンサンブルを楽しみたい方は「音程」の安定した楽器を選ぶ方がよいでしょう。
量産型のティン・ホイッスルは音程が安定しないことが多く、ピッチの調整(チューナブル)もできない楽器が多くなります。

  • Michael Burke ティン・ホイッスル D管 (アルミ製)

    アメリカの手作りケルトの笛職人マイケル・バーク氏のアルミ製ティン・ホイッスルです。

    34,800円
    商品詳細へ
 
  • Feadog ティン・ホイッスル D管 真鍮製

    アイルランドのファドーグの真鍮製D管ティン・ホイッスル。

    1,500円
    商品詳細へ
 
  • Feadog ティン・ホイッスル D管:カラフル

    アイルランドのファドーグのカラフル版ティン・ホイッスル。

    1,800円
    商品詳細へ
 
  • Sweetone ティン・ホイッスル D管(ケース付き)

    老舗クラーク社の澄んだ音色が特徴的なティン・ホイッスルです。

    2,500円
    商品詳細へ
 
  • Generation製 ティン・ホイッスル D管(ニッケル)

    英国のジェネレーション社のニッケル製ティン・ホイッスルのD管です。

    1,850円
    商品詳細へ
 
  • Generation製 フォーク・ホイッスル D管(真鍮)

    英国のジェネレーション社の真鍮製フォーク・ホイッスルD管です。

    1,850円 〜
    商品詳細へ


その点、職人さんが1本1本手作りで作っている楽器はチューニングスライドも装備されており、音程に安定感が増し、音色が整っています。

  • Michael Burke ティン・ホイッスル D管 (アルミ製)

    アメリカの手作りケルトの笛職人マイケル・バーク氏のアルミ製ティン・ホイッスルです。

    34,800円
    商品詳細へ
 
  • Michael Burke ティン・ホイッスル D管 (真鍮製)

    アメリカの手作りケルトの笛職人マイケル・バーク氏の真鍮製ティン・ホイッスルです。

    34,800円
    商品詳細へ
 
  • Michael Burke ティン・ホイッスル D管 - ナロウ・ボア (アルミ製)

    アメリカの手作りケルトの笛職人マイケル・バーク氏のアルミ製ティン・ホイッスルです。

    34,800円
    商品詳細へ
 
  • Michael Burke ティン・ホイッスル D管 - ナロウ・ボア (真鍮製)

    アメリカの手作りケルトの笛職人マイケル・バーク氏の真鍮製ティン・ホイッスルです。

    34,800円
    商品詳細へ
 
  • Galeon ティン・ホイッスル D管

    中国のケルトの笛職人アンディ・シュウさんによる新ブランドのティン・ホイッスルD管です。

    19,800円
    商品詳細へ
 
  • Kerrywhistle製 Chiftain ティン・ホイッスル D管

    ロー・ホイッスルの元祖といわれるオーヴァートン氏のお弟子さんフィル・ハーディによる、伝統的なホイッスルです。

    24,800円
    商品詳細へ
 
  • Colin Goldie製 ソプラノ・ホイッスル D管

    コリン・ゴールディ(旧Overton)はロー・ホイッスルの元祖といわれるメーカーの、金属削り出しのティン・ホイッスル D管です。

    34,000円
    商品詳細へ


ただし、量産型のプラスチック頭部管をチューナブル化する裏ワザがありますので、ここで紹介しておきます。

プラスチック管のチューナブル化

ジェネレーション製やクラーク製(Sweetone)のように頭部管と管体が接着剤でくっついているティン・ホイッスルは裏技を使ってチューニング可能に改造できます。簡単にできますので、試してみて下さい。

まずカップにお湯をたっぷり注ぎます。熱湯ではなく、普段飲む熱いお茶くらいの温度です。
そこにティン・ホイッスルの頭部管を浸します。

10秒くらいつけたら引き上げて、頭部管と管体をそれぞれの手で握って軽くねじると、頭部管が外れます。(もし外れない場合は無理にねじらずに、さらにお湯につけるか、若干温度を上げて下さい)

頭部管が完全に外れたら、頭部管の内部と管体のまわりについた接着剤をハンカチなどの布でふき取り、管体の頭部管が当たる部分にリコーダー用のスライドグリス、なければリップクリームを塗って下さい。

これで再び頭部管をくっつければ、チューナブル・ティン・ホイッスルの完成です!

ただし、うっかり熱湯につけるとプラスチックの頭部管が溶けて破損する可能性もありますので、各自の責任において慎重に行って下さい。
もしこの方法で楽器を壊してしまっても、当ホームページでは責任を負いかねます。
特にオーク(Oak)製やAcorn製のティン・ホイッスルは熱に弱く頭部管が溶けてしまいますので、くれぐれもご注意下さい。
あと、やけどにも気をつけて下さいね。