Loading
現在、カートには商品がありません
カートの中を見る
トップ > 楽器 > ティン・ホイッスル > C管

Michael Burke ティン・ホイッスル C管 (真鍮製)

アメリカの手作りティン・ホイッスル職人Michael Burke(マイケル・バーク)氏の真鍮製C管ティン・ホイッスルです。
マイケル・バークのティン・ホイッスルは、 音程、吹き心地ともに素晴らしく、繊細な表現もできる、バランスが取れた能力の高いティン・ホイッスルです。
本体が真鍮、マウスピースはデルリンという硬いプラスチックでできており、しっかりした作りです。安定感が抜群ですので、コンサートでも活用できます。
初心者の方にとっても、吹きやすく、練習が楽しくなる楽器ですので、お勧めしています。
真鍮製はまろやかでやわらかい音色が特徴的です。
多少重く、光沢は使用と共になくなってしまいますが、金属磨き粉で磨くと、光沢がある程度戻ります。

こちらの楽器は写真最後の2枚で赤丸で示しているように、製造時についた傷があります。(納品時点で確認済み)
演奏には全く影響がなく、それほど目立たない傷ですが、ご購入前にご確認、ご了承いただきますようお願いいたします。


商品が売切れの際は、ご予約お申込みフォームよりご予約をお願いします。

  • 全長33.6cm
  • 重さ104g
  • 材質真鍮(管体)デルリン(吹き口)
  • 付属品ソフトケース
  • チューナブル

Burke製ティン・ホイッスルのメンテナンスポイント

 
マイケル・バークのホイッスルは非常に美しい楽器のため、金属の経年劣化が気になりやすいかもしれません。(特に真鍮は赤っぽく変色したあと、アンティーク風になります。アルミはそれほどでもありません)
そういった時には金属磨きで磨いていただくと、購入したてのような美しさになります。
またチューニングスライドが緩くなってきた場合はシールテープを、きつくなっている場合はスライドグリス(or ろうそく)をお使いください。 

Michael Burke ティン・ホイッスル C管 (真鍮製)

¥ 34,800
在庫数: 3

商品レビュー

  • ティンホイッスルの基本はD管??

    アイルランド伝統曲の多くがDもしくはG調で演奏されているようだが、かと言ってティンホイッスルの基本はD管で良いのか? ティンホイッスルを持ったからと言って、アイルランド曲を演奏しなさいと言うことは無いし、クラシックだろうがポップスだろうが何を演奏しても良い。 違うジャンルを吹くにあたって、D管だとわずか全音高いだけだが音が甲高く感じる。 逆に、わずか全音低いだけでしっくりとする。

レビューの投稿