現在、カートには商品がありません
カートの中を見る
English / 中文
トップ > CD > ガリシア音楽

O Cantar Dos Frautares / Xosé Liz

2018年10月、ショセ・リスの待望のフルートアルバムがリリースとなった。
ショセ・リスといえば、日本では無印良品のBGM 19 Galiciaに参加している他、Anxo LorenzoやRiobó、Entre Trastes、Arxe、Lizgairoなど、40を超えるプロジェクトに携わってきたミュージシャンだが、ガリシアを代表するフルーティストではありながらも、これまでの録音作品はブズーキやギターなどの弦楽器がほとんどだった。
10年以上前からフルート作品を作りたいと考えていたそうだが、多忙を極めるスケジュール故、なかなか録音に踏み出せずにいたという。そんな中、数年前からアイルランドのコーク近郊で開催されるフルート・ミーティングに参加した時に、主催者でフルート職人のハミー・ハミルトンから、「是非ガリシア音楽をフルートでやってほしい」と求められ、決心がついたらしい。

CDを開封した瞬間から、ものすごい熱量のフルート愛が伝わってくる。18世紀のトラヴェルソから現代の製作家による新作に至るまで、スペインの中で最も貴重なコレクションを含む計12本のフルートが使用されているのだが、ブックレットには各トラックで使用されたフルートとヘッドキャップの写真が掲載されており、フルートファンとしては音色を聴き比べるのも楽しい。ディスクにもヘッドキャップが印刷されているし、ついでに言うと写真を撮影したカメラマンもプロのフルーティストだ。

本作の画期的な点は、まずガリシア音楽を扱った初のフルート作品であるということ。ガリシアにはレキンタと呼ばれる笛の伝統が今でも残っているが、主役はあくまでもガイタであり、これまでフォーク音楽として演奏される機会はほとんどなかった。本作はレキンタの伝統的な演奏スタイルを取り入れつつも、様々な楽器のレパートリーをフルートに「翻訳」して演奏するフォーク音楽のスタイルを確立した作品といえる。

ガリシア音楽といえば、ガイタと呼ばれるバグパイプが主役。伝統音楽やフォーク音楽では、ムイニェイラ (6/8拍子) やホタ (3/4拍子) といったガイタで演奏されるダンス曲が中心となることが多いのだが、本作のレパートリーはこれらにとどまらず、今まで笛ではあまり演奏されることのなかったレパートリーを積極的に取り入れている。タイトルのO Cantar dos Frautaresとはヘブライ聖書の「雅歌」を意味するガリシア語O Cantar dos Cantaresをもじって「歌」に当たる部分を「フルート」に置き換えたものだが、文字通りフルートで歌うことを意識した作品といえるだろう。

CDの詳細なレビューはこちらからご覧いただけます!

インタビュー記事はこちら。

O Cantar Dos Frautares / Xosé Liz

¥ 2,800
在庫数: 4

商品レビュー

この商品のレビューはまだありません。

レビューの投稿

  • 友だち追加