現在、カートには商品がありません
カートの中を見る
ご利用ガイド
トップ > 楽器 > 北欧の笛 > 柳の笛

柳の笛 G管 - M.ストーバッケン

柳の笛はその名の通り、春に生えてくる柳の枝から皮を取って吹いていたという、羊飼いの笛です。
今では塩ビ管で楽器が作られていますので、年中吹くことができます。
柳の笛について詳しくはコラム「北欧の笛」をご覧ください。

この楽器はノルウェーの笛制作家マグナル・ストーバッケン(Magnar Storbækken)によるもので、塩ビ管に白樺の皮を巻いて、頭頂部に木のブロックを差して作られています。 調子はGです。
一般的なD管の笛よりも少し短く、高い音域のモデルとなります。

指孔は全く無く、管の先を指で開けたり閉じたりしながら、息の強さによって音程を変えていくというちょっと不思議な笛です。
この笛を使って演奏できる曲はたくさんあり、日本初の「柳の笛」教則本(2013年12月発売予定)で吹き方を学ぶことができます。

  • 全長54.9cm
  • 重さ72g
  • 材質塩ビ・白樺の皮
  • 付属品なし
  • チューナブル不可

Magnar Storbaekken製作 柳の笛の説明書

 

ニッケル、ブラス両方ともに金属的な高音のノイズが混じることがあります。
これは本製品の特徴で不良ではありません。

本製品は木のブロックを採用していますので、演奏中にブロックが膨らみ、息の角度が変わり音が鳴らなくなることがあります。
その場合、乾燥させると元に戻りますが、プラグを回しながら引き抜いたり突っ込んだりして、ウインドウェイとの角度を調整することで、調子が良くなることがあります。お試しください。

白樺の皮については、使用しているとはがれてくることがあります。
先端がはがれると次々とはがれてしまいますので、早めに木工用ボンドで接着してください。 

柳の笛 G管 - M.ストーバッケン

¥ 20,800
在庫数: 1

商品レビュー

この商品のレビューはまだありません。

レビューの投稿

  • 友だち追加