現在、カートには商品がありません
カートの中を見る
ご利用ガイド
トップ > CD > nababa

はじまりの花 / nababa

耳に届けば心がすっと深呼吸して、優しくあたたかくなるna ba naの音楽。
アイルランド・北欧の伝統音楽を演奏する、実力派ミュージシャン3人の感性から生まれた、アコースティックなハーモニー。

na ba naは、「純粋さ」だけでできた、うつくしい泉。
そしてわたしたちの中にもそんな泉がたしかにあることを思い出す、そんな音楽です。

服部みれい(murmurmagazine編集長 / 文筆家)

どこまでも、心の中が純粋になる音楽に惹かれました。
一つ一つの音に耳をそばだてていると、森の中にいるような感覚が宿ります。

磯野カツオ(タワーレコード渋谷店バイヤー)
アイルランド・北欧の伝統音楽を演奏する3人が、2014年春にna ba na(ナバナ)として新グループを結成。
ケルトや北欧圏の伝統曲アレンジやメンバーによるオリジナル楽曲には、美しく瑞々しい日本人の感性が溢れている。

須貝知世(木製アイリッシュフルート、ホイッスル)、中藤有花(フィドル)、梅田千晶(ハープ)が奏でる、
ゆったりとした柔らかな音色と、心地よいダンスのリズムに彩られた、聴く人にそっと寄り添う音楽。
na ba na の3名がアイデアを持ち寄って作った本作はアイルランドや北欧伝統音楽のエッセンスが散りばめられながらも、3人独自のセンスが織り交ぜられた、情緒あふれるna ba naサウンドに仕上がっている。
全曲がほぼオリジナルで構成されており、全体のアレンジをハープ梅田が担当。
フィドル、コンサーティーナの中藤が柔らかく雰囲気を支え、2人の演奏を軸に須貝が歌うようにフルートを奏でている。
日本人の長所とも言うべき、繊細で美しい音色とディテールにこだわったアレンジは、海外の伝統音楽家たちからも注目されている。
ジャケットは、今注目の版画家である沙羅(梶野沙羅)が手掛けています。

[須貝知世:Irish Flute, Whistles]
語学留学でアイルランドを訪れた際その国と音楽に魅了され、2011年より日本にてアイリッシュフルートを学ぶ。
翌年にはアイルランド国立リムリック大学大学院に留学し、Kevin Crawford, Jean-Michel Veillonなど伝統音楽シーンを代表する奏者より直接指導を受け、日本人として3人目となる修士課程伝統音楽演奏科を修了する。
帰国後は"na ba na"や"Picnics"など複数のユニットでライブを行う他、いわき芸術文化交流館アリオス主催の「おでかけアリオス登録アーティスト」として地元での学校演奏を行っている。

[中藤有花:Fiddle(Violin), Concertina]
東京音楽大学ヴァイオリン科卒業。 幼少からヴァイオリニストの母の影響でヴァイオリンとピアノを始める。
学生時代にアイルランドへ数度渡愛し、現地で生活しながらアイルランド音楽を学び、セッションを重ねる。
現在はアイルランドの伝統音楽を演奏する " tricolor" を中心に活動中。
2014年NHK連続テレビ小説「マッサン」の挿入曲演奏に参加。
ヒロインのシャーロット・ケイト・フォックスの2015年コンサートツアーのバンドマスターを務める。

[梅田千晶:Harp]
クラッシックのテクニックをベースに、アイリッシュのスタイルをKathleen Loughnane、Janet Harbison 氏から、
スウェーデンではニッケルハルパ奏者のLeif Alpsjo 氏より伝統音楽を学ぶ。
2012年11月グラミー賞7度受賞のChieftains来日公演で共演。
2013年10月首相公邸でのパーティ演奏参加、2014年1月Holland Museum(スウェーデン)で演奏する。
「na ba na」「生梅」などのユニット活動の他、近年はアイリッシュ以外のジャンル、ゲーム音楽で人気の作曲家、植松信夫氏や光田康則のコンサート、ツアーにも参加している。

はじまりの花 / nababa

¥ 2,850
在庫数: 3

商品レビュー

この商品のレビューはまだありません。

レビューの投稿

  • 友だち追加