現在、カートには商品がありません
カートの中を見る
ご利用ガイド
トップ > 楽器 > その他の楽器 > テイバーパイプ

Susato テイバーパイプ F管

西ヨーロッパで中世から使われている、片手で演奏できる笛、テイバーパイプのG管です。
吹き口はリコーダー(またはティン・ホイッスル)と同じようなっており、息を吹けば誰でも音を鳴らすことができます。

イギリスでは、貴族の社交界でのダンス、村の踊り、大道芸として古くからテイバー・パイプが親しまれてきました。
現在でもイギリスやフランスのカントリー・ダンスで演奏されており、また、バスクではtxistu(ティストゥ)と呼ばれ、バスク民族のアイデンディティとして大切にされています。
移民を通じてアメリカ、南米でも演奏されています。

テイバー・パイプは金属やプラスチックや木の管に表面に2つ、裏面に1つの指孔が空いており、左手で吹きます。左手首に小さな太鼓をくくりつけて、右手のバチで叩きます。
1人の奏者でメロディとリズムを演奏することができるため、音楽家の少ない環境でのダンスの伴奏に重宝しました。

Susatoの楽器は、全体がプラスチックによるもので、整った音程、大きな音量、澄んだ音色とメンテナンス不要な手軽さが特徴です。

商品が売切れの際は、ご予約お申込みフォームよりご予約をお願いします。

  • 全長-cm
  • 重さ-g
  • 材質ABS樹脂
  • 付属品ソフトケース
  • チューナブル

テイバーパイプについて

なお、この太鼓のことをテイバー"tabor"と呼び、笛をパイプ"pipe"と呼びますので、厳密には笛と太鼓が一緒になって初めてテイバー・パイプとなります。
英語ではtabor pipeまたはpipe & taborなどと呼ばれます。
 

 

演奏について

テイバー・パイプはティン・ホイッスルの左手部分だけしかない楽器だと考えることができます。
それでは、レ、ミ、ファ、ソの4音しか演奏できないと思いますよね?
それから上の音は、倍音を使って演奏します。レの倍音は5度上のラ…というように。
そうすることで、レから2オクターブ目のファまで演奏することができます。 

Susato テイバーパイプ F管

¥ 8,800
在庫数: 4

商品レビュー

この商品のレビューはまだありません。

レビューの投稿

  • 友だち追加