現在、カートには商品がありません
カートの中を見る
ご利用ガイド
トップ > CD > 安井 マリ

Songs of the wind / Lady Linsul(送料込)

ニューアルバム『Songs of the wind』が5/1(金)発売になりました。
Lady Linsûl (レディリンスール)

〈メンバー〉
ボーカル pico
ホイッスル、フルート、リコーダー 安井マリ
フィドル 奥貫史子
ピアノ 熊井麗音

〈安井マリさんのコメント〉
「アイルランドやイングランドの曲を中心に、歌もの6曲とインスト2曲(オキャロラン)計8曲を収録。レコーディングからミキシングマスタリング他、入稿までの全行程を手掛けてくださったのはアーティストのツルノリヒロさん、そして素敵なデザインのアートを提供してくださったのは画家の小澤魔純さん、音作りからデザインのこのCDの全てに色々な思いやこだわりが詰まった最高のアルバムです!!
今はライブも出来ない状況ですが、CDをお届けして、たくさんの方に私たちの音楽を聴いてもらえたら嬉しいです。
最後の曲のみトラディショナルではなく、ラターさんは現代のイギリスの作曲家です。
インスト曲のオキャロランは、キャプテンオケインはアイリッシュフルートで、プリンセスロイヤルは金のモダンフルートで、トラヴェルソ風の音色に近い感じをめざしてみました。
イントロや伴奏は即興で現場で考えていただきながら弾いていただきました。器楽3人はクラシック出身なのでそういった要素も少し取り込んで、それぞれの曲を組み立ててみました。
picoさんは大きなお腹で歌っていただき、4月22日に無事出産をされました。
マスタリングが完成した日に、かつて一緒にケルトの歌を歌ってくださっていた友人のC.W.ニコルさんが天国に旅立ち、ニコルさんに捧げるアルバムにもなりました。
そんな特別な思いのこもったアルバムなので、多くの皆様に聴いていただけたらと思っています。」

〈トラックリスト〉
『Songs of the wind』Lady Linsul
① Nora
② What child is this
③ Down by the Sally Gardens
④ Captain O'Kane
⑤ The Leaving of Liverpool
⑥ The Rose of Allendale
⑦ Princess Royal
⑧ Christmas Lullaby

〈音楽評論家 野田誠司さんによるレビュー〉
Lady Linsûl「Songs of the wind」録音、ミックス、マスターリング、デザイン入稿まで制作に全面的に関わったアルバムです。アイリッシュトラッド(アイルランド民謡)のアルバムですが演奏者は全員日本人女性。アイリッシュミュージックというと80年代のメアリブラックのヒットから後におともだちになってくれた相馬裕子さんがメアリブラックのバックバンドを起用してアルバムを作るなど、ちょうどそのあたりで僕はアイリッシュミュージック専門のCDカタログを取り寄せたりして、関心をもつようになりかれこれ25年以上経ちますが、ロリーナ・マッケニットが好きでアルバムを集めたりもしました。
本作はそれらと同一線上にある作品とみて良いかと思います。違うのオール日本人。英語で歌われる歌も違和感なく美しいです。70年代にブリティッシュトラッドフォークにハマって色々聴き始め、90年代はアイリッシュトラッドフォークを聴くようになった僕にも楽しめるアルバムが本作です。並行してクラナドなども聴いていたのですがアイルランドは特有のきりに霞んだ穏やかな風景をおもわせる、独特な気がします。ブリティッシュトラッドより幻想的な美しさがある。アイリッシュトラッドソングがどんなものか入門的にも購入して損はありません。

当店の販売価格は送料込み価格となっております。

Songs of the wind / Lady Linsul(送料込)

¥ 2,400
在庫数: 10

商品レビュー

この商品のレビューはまだありません。

レビューの投稿

  • 友だち追加