Loading
現在、カートには商品がありません
カートの中を見る

ケルトの笛とは

「ケルトの笛」とは、ケルト地域で演奏されている管楽器全般を総称する言葉です。

ここで解説するケルト地域は、ケルト文化が今もなお受け継がれている国・地域を指しており、アイルランド、スコットランド、ウェールズ、コーンウォール、ブルターニュ(フランス)、ガリシア(スペイン)としています。

ケルトの笛の中には元は同じ楽器だったとしても、地域で工夫や改良を重ねる中で、今では別の名前で呼ばれている楽器がたくさんあります。
それぞれの地域が持つ文化が、楽器に影響を与えている点で、歴史的にもとても興味深い楽器がたくさんあり、一度は生で演奏を聴いてみたいと強く思います!

また一口に「ケルトの笛」と言っても、こちらで紹介しているように様々な楽器の種類がありますが、当店ではティン・ホイッスルなどのたて笛、アイリッシュ・フルートなどのよこ笛、そしてバグパイプに特化して紹介しています。

ビニウ・コーズ Biniou Kozh

binioù(ビニウ)とはバグパイプ類のことを差すブルトン語です。
ブルターニュでは、binioù kozh (kozhは古いという意味です)とbinioù bras(brasは大きいという意味です)という2種類のバグパイプが演奏されています。
binioù brasは、スコットランドのグレート・ハイランド・パイプスと同じです。

ビニウ・コーズはとても高いチューニングで、ボンバルドの伴奏のために用いられます。チャンター(メロディを演奏する管)はシングル・リードで1オクターブの音域を持ち、ドローン(持続音を演奏する管)は1本~2本備わっています。

日本では演奏者は皆無ですが、輸入代行に対応させて頂きます。
通常はBb管が使われ、10万円程です。詳しくはお問い合わせください。

 
ステッカーで学ぶケルトの笛