Loading
現在、カートには商品がありません
カートの中を見る

ケルトの笛とは

「ケルトの笛」とは、ケルト地域で演奏されている管楽器全般を総称する言葉です。

ここで解説するケルト地域は、ケルト文化が今もなお受け継がれている国・地域を指しており、アイルランド、スコットランド、ウェールズ、コーンウォール、ブルターニュ(フランス)、ガリシア(スペイン)としています。

ケルトの笛の中には元は同じ楽器だったとしても、地域で工夫や改良を重ねる中で、今では別の名前で呼ばれている楽器がたくさんあります。
それぞれの地域が持つ文化が、楽器に影響を与えている点で、歴史的にもとても興味深い楽器がたくさんあり、一度は生で演奏を聴いてみたいと強く思います!

また一口に「ケルトの笛」と言っても、こちらで紹介しているように様々な楽器の種類がありますが、当店ではティン・ホイッスルなどのたて笛、アイリッシュ・フルートなどのよこ笛、そしてバグパイプに特化して紹介しています。

ボンバルド Bombarde

ブルターニュで演奏されるオーボエ類に属する木管楽器。
円錐形の管体を持ち、2枚のリードを束ねたものを唇にくわえて演奏します。音域は2オクターブあり、2オクターブ目はオーバー・ブロウ
(強く吹く)またはオクターブ・キーを使って演奏します。
半音階を演奏するために、キーが付けられたものもあります。
強烈な音量を持ち、野外でのダンスの伴奏には欠かせないパワフルな楽器です。

ボンバルドは大量の息の圧量を必要とするので、続けて吹き続けることが困難です。そのため、伝統的にはオクターブ上の音域のバグパイプ、ビニウ・コーズと組で演奏されます。ボンバルドが短いメロディを演奏し、繰り返しの間にボンバルドが休んでいる間もビニウ・コーズがメロディを吹き続けるという方法です。

ボンバルドは20世紀初頭に演奏者が減少しましたが、40年代にバガドウと呼ばれる鼓笛隊が考案されたために、復興し、現在では数多くの演奏者がいます。

日本では演奏者はほとんど見られませんが、当店では標準的キーなしボンバルドを取り扱っています。またキー付きなどに関しましては、輸入代行に対応させて頂きます。
通常はBb管が使われ、キーの無いもので4万円台、キーが3個ついたもので6万円程です。詳しくはお問い合わせください。

 
ステッカーで学ぶケルトの笛