Loading
現在、カートには商品がありません
カートの中を見る

ケルトの笛とは

「ケルトの笛」とは、ケルト地域で演奏されている管楽器全般を総称する言葉です。

ここで解説するケルト地域は、ケルト文化が今もなお受け継がれている国・地域を指しており、アイルランド、スコットランド、ウェールズ、コーンウォール、ブルターニュ(フランス)、ガリシア(スペイン)としています。

ケルトの笛の中には元は同じ楽器だったとしても、地域で工夫や改良を重ねる中で、今では別の名前で呼ばれている楽器がたくさんあります。
それぞれの地域が持つ文化が、楽器に影響を与えている点で、歴史的にもとても興味深い楽器がたくさんあり、一度は生で演奏を聴いてみたいと強く思います!

また一口に「ケルトの笛」と言っても、こちらで紹介しているように様々な楽器の種類がありますが、当店ではティン・ホイッスルなどのたて笛、アイリッシュ・フルートなどのよこ笛、そしてバグパイプに特化して紹介しています。

イリアン・パイプス Uilleann Pipes


 
イリアン・パイプス(英: Uilleann Pipes、愛: Píb Uilleann)は、アイルランド語(ゲール語)で「肘(ひじ)のパイプ」という意味のバグパイプの一種です。

このバグパイプの特徴は、バッグに空気を送るために、口からではなく右肘に取り付けた鞴(ふいご)を用いること。

音が鳴る部位としてはメロディを演奏するための「チャンター」(chanter)と一定音程で持続音を鳴らすための最大で3本の「ドローン」(drone)の他に、右手首で鍵(キー)を操作して伴奏するために用いる「レギュレーター」(regulator)からなっています。

演奏性能上の特徴としては、筒先の穴にも開閉する役割があるため、すべての指孔を閉じて筒先を太ももに乗せて閉じることで、どこからも空気がもれなくなり、音をストップすることができます。

つまり、多くのバグパイプでは音を止めることができないのに対して、スタッカートに音を区切りながら演奏したり、休符を演奏することが可能となるのです。そのため、立って演奏することは通常できません。

オーバーブロウを用いることで、2オクターブ目以上の音の演奏が可能で、チャンターにキーをつけることで、半音階の演奏が可能となります。
音量は一般的なバグパイプ類に比べて小さいので、室内での演奏や他の管弦楽器との合奏に向いています。

もっとも一般的な調はDセットですが、C#~Bbセットの低音楽器もあります。

ケルトの笛屋さんでは取り扱っておりませんが、輸入代行をお引き受けします。
アメリカのイリアン・パイプス製作家のBrian Bigley氏の楽器を推薦しています。

価格
Practice Set of Uilleann Pipes- $1,750
Half Set (Bellows, Bag, Chanter, Drones)- $4,150
Three Quarter Set (Half set + tenor, and baritone regulators)- $6,450
Full Set- (Three Quarter Set and Bass Regulator)- $7,800
ホームページ
 
 
ステッカーで学ぶケルトの笛