Loading
現在、カートには商品がありません
カートの中を見る

2日目 エディンバラ城

そんなパイパーが演奏している後ろに、中世を感じるステキな古城が見えたので、次はそちらに向かうことに。
その古城は「エディンバラ城」
厳つくそびえ立つ岩壁を土台に作られた歴史あるお城で、一番の観光スポットでもあるみたいです。

エディンバラは高低差がすごいたくさんあって、地図的には1本となりの道に移動するだけだと思っていたら、100段ぐらいの階段を登らないといけない、みたいなことが多々あるんです。
筋金入りの運動不足の店長には、かなりハードな行程だったりしましたが、なんとか階段をのぼりきると、急に観光地の賑わいが!

このエディンバラ城に続く通り「ロイヤルマイル」が、目抜き通りになっていて、ミュージシャンの路上ライブや大道芸人の見世物、お土産やさんなど、なんでも堪能できるゾーンになっていました。

今でこそ観光地の賑わいを見せていますが、その昔には処刑人が連行される通りだったり、有名な連続殺人事件が起こったりと、なかなかダークな歴史があるようで、「ゴーストツアー」や「お化け屋敷」もありました。

さて、その通りを抜けるとエディンバラ城に。
結構な行列でしたが、入場チケットと日本語のガイドブックを買って、のんびり散策。
かなり広くて、屋内も博物館みたいになったところがいくつもあり、きちんと見ると半日は掛かりそうなボリューム。
スコットランド悲劇の女王メアリーゆかりのものなんかもたくさんあって、店長大興奮。

なかなかに暑いので、アイスクリームを買って、もうひとつの旅の目的「キルトを買う」に挑戦。

キルトって、スコットランド人の男性が着る伝統的なスカート衣装なんですが、「スカートってことは布1枚でしょ」みたいなノリで、2000円ぐらい?と思って以前調べたところ、日本で買おうと思うと、うん万円するんです。
そんなバハマと思って以降、絶対にスコットランドで買った方が安いに違いないと期待していたので、キルト屋さんに足を運んで、店員さんに相談し、測ってもらったり、柄を選んだりして、ついに一着購入。

さぁ、これを日本で履くかというと、タイミングがないんですが、店長は基本部屋の中で暮らしていますから、部屋着に決定です。(ふふふ)

厳しい自然が多いハイランド地方(スコットランドの北部)なんかの伝統衣装だけあって、思ったよりも生地が厚くて丈夫で暖かい!
ただ、荷物としてはかなり重たかったので、一旦ホテルに帰って、小一時間お昼寝。(店長は昼寝好き)

さっそくラグビーのユニフォーム(半袖)に着替えて、次の目的地「アーサーの玉座」へ!