Loading
現在、カートには商品がありません
カートの中を見る

20日目 おいしいおいしいフランス料理

さて、いよいよ帰国するための移動がはじまる日になってしまいました。
本日の夕方までにはゲムネをあとにして、明日の飛行機搭乗のために同じブルターニュ圏のブレストという町に移動します。

まず、朝ゆっくりめに起きて、今日はキアランさんおすすめのすごくステキなレストランに行きます。
おとといの飲みの席で一緒だったおじさまも参加して、4人でちょっと豪華なお食事会。

ここで驚いたことは、席に着くとテーブルの上には水のボトルと赤ワインがフツーに置いてあるんです。
なんだ、もしかしてトラップか?と訝しんでいると、おじさまがサクッとワインを開けて、全員に注ぎ始めました。
はて?と驚いていると、これは「無料で飲んでいいワイン(水と同じ)」なんだとか。
さすがフランスだぜ。


とってもおいしい料理しかなくて、もう舌鼓連打です。
英国の旅行中にかなり痩せた(8kgぐらい)んですが、フランスの2日間でちょっと戻ってしまう(+3kg)ぐらい食事のクオリティが高くて、食べる楽しみを再発見した気分です。

その後、ブレストに旅立つ店長をゲムネに一番近い大きめの駅ロリアンに送っていただきました。

キアランさん、長距離ドライブをありがとうございました!
そしてhataoさん、ステキなブルターニュ旅行に混ぜていただき、本当にありがとうございました!!


さて、ロリアンに着きました。

おしゃれな現代風木造の駅構内がすっごいハイセンスな駅につきましたが、そう、この瞬間から、フランス語のしゃべれない店長はフランス国内でひとり旅することになるわけです。

さて、ロリアンってのは空港もあるブルターニュでも結構大きめの町です。
で、これから向かうブレストってのも、空港のある結構大きめの町。

その大きめの町から大きめの町に移動するんだから、それなりに電車も本数があるよね、と思っていたら、びっくり! 電車とか出てない!つまり電車ではたどり着けない!!

どんだけー!とすごい古いギャグを連発しながら、とにかくネットで調べまくります。(なんてったって今晩ブレストのホテルに泊まらねば、明日の飛行機に間に合わない)

ここで店長得意の「引っ込み思案」と「諦めの早さ」を披露するわけにはいかないので、根性で調べた結果、バスが出ていることがわかりました!
なるほど、バスなら大きめの町同士移動もスイスイだよね、と思ったら安定の1日2本(夜間バス1本)…

なんだろう、この鉄道やバスの省エネ運行は。

いやむしろ、日本ががんばりすぎているだけなのか、なんて小さな悟りを開いたところで、果たして店長は今日中にブレストにたどり着けるのかしら?