現在、カートには商品がありません
カートの中を見る
ご利用ガイド お問合せ

ケルトの笛奏者の紹介

Kevin Crawford
map

Kevin Crawford

バイオグラフィー

 
ケビン・クロフォードは1967年イングランドのバーミンガム生まれのミュージシャンで、フルート、ティン・ホイッスル、バウロンなどを演奏します。

ケビンの両親がカウンティ・クレアのミルタウン・マルベイMiltown Malbayからの移民なので、ケビンは幼い頃からアイルランド音楽に囲まれて成長しました。

1989年、ケビンは本格的にアイルランド音楽を勉強するためにクレア地方西部へと移住し、様々なセッションですぐに有名になり、セッションの中核的存在となって、力をつけていきました。

1993年からはムーヴィング・クラウドMoving Cloudのメンバーも務めており、この活動によって国際的な評価を高めました。
そして1997年の1月には最も優れたアイルランド音楽グループの一つであるルナサLúnasaに、笛奏者のマイケル・マックゴールドリックに代わってメンバーとなります。

ケビンはオーストラリアツアーの際にルナサに参加したのですが、それ以来現在までルナサのメンバーとして活動しています。

メンバーの中でケビンは唯一の英国出身でありながらメンバーの中で最もアイリッシュっぽく、よくしゃべり、明るく社交的な性格で、いつもMCを担当しています。

彼は1980年代後半にはミック・コネリーMick Conneely、ブレンダン・ボイルBrendan Boyle、ベルナディット・デイヴィスBernadette Davis、ジョー・モロニーJoe Molloy 、Ivan Miletitchなど多くのミュージシャンと共演し、トミー・ピープルズとの共演やトリオ「ティー・トータラーThe Teetotallers」としてギターのジョン・ドイルJohn Doyle、フィドルのマーティンヘイズMartin Hayesなど日本でも有名な著名なアーティスト達との共演も数多く経験しています。

他にも様々なアーティストのレコーディングにゲストとして参加することも多く、例えば、歌手のショーン・ティレルSeán Tyrrellやアコーディオンのジョー・ディラーンJoe Derrane、アメリカのシンガーソングライターのナタリー・マーチャントNatalie Merchantなどが挙げられます。

バンドでの活動の合間を縫ってソロでの活動にも意欲的で、1994年に初のソロアルバム「D’Flute Album」を、2001年には9人のフィドル奏者をゲストに迎い入れて、2枚目のソロアルバム「In Good Campany」を発表し、どちらも伝統音楽の金字塔的なアルバムになりました。

そして2012年3枚目のソロアルバム「Carrying the Tune」を発表し、注目を集めています。

2009年にはルナサのパイパー、キリアン・ヴァレリーCillian Vallelyとのデュエットでのアルバム「On Common Ground」を発表し、こちらもかなりの評判を受けています。

その他にも、現在でもパブでのセッションが好きなケビンは、地元のミュージシャンとの交流も大切にしており、さらにクレアFMの伝統音楽を紹介する番組で人気DJを務めていたこともあり、多くのアイルランド音楽を紹介するなど、地元の音楽の盛り上がりに貢献しています。
 

演奏スタイルや音楽性について

  まっすぐで安定した息使いに数々の細やかな指のテクニックを駆使する。

演奏スタイルは唯一無二のもので、フルートであるにも関わらず、まるで最高のイリアン・パイプス奏者を聴いているような印象をリスナーに与えるだろう。

フルートの「パイピング・スタイル」とは彼のための言葉だと思える。

また、Bbフルートも得意とする点で稀有な奏者である。
また、ティン・ホイッスルの演奏はフルートとは異なった意味でユニークで、録音では多くの曲をティン・ホイッスルで演奏している。

ケビン・クロフォードの演奏の魅力は、暖かな音色で聴いている私たちを包み込んでくれることではないか。
正確なリズムはエネルギッシュで私たちを飽きさせず、たくさんちりばめられた装飾は押し付けがましくなくとても心地よい。

彼の優しさ、明るさ、誠実さなどが素直に音になって素晴らしい演奏を聴かせてくれる。
 

おすすめアルバム

 
Carrying the Tune

ゲストとして、ギターとブズーキのJohn Doyle、バウロンのBrian Morrissey、ブズーキのMick Conneelyを迎え入れてのアルバムです。

1. McHugh’s / Michael Murphy’s / Humours of Tullycrine. (reels)
 はっきりと刻まれるリズムは全ての演奏者がもつリズム感の良さによって生み出され、そのリズムは最高の心地よさと安心感を与えてくれるのだと気づく。

2. Lá Ollámh / Lucky Lucky Day. (slip jigs)
 ケビンの優しい音色とギターのジョン・ドイルから伝わってくる大人の優しさに心が奪われてしまう。何度聴いても思う。とても好きなトラックだ。

3. Autumn Apples / Cormac O’Lunny’s / Paddy Sean Nancy’s (reels)
 一転して軽快なリズムのリールは気持ちがいいほど楽しく、ノリがぴたりと合っていてとてもセンスがいい。イヤホンで聴いていて、2:22の右耳から聞こえてくるギターの伴奏が始まると毎回胸が高まる。

4. Flatwater Fran / Mrs Jean Campbell BSC. (waltzes)
 このアルバムで唯一のワルツである。さらさらと可愛らしいブズーキの伴奏から始まりアイリッシュフルートが密度の高く暖かな音色で奏でるメロディーは、田舎のおばあちゃんを思い出させるようなゆったりと色鮮やかな情景をつくり出す。

5. John McKenna’s / The Jointure / The Smithstown Jaunt. (jigs)
 バウロンの3拍子の心地よい振動が耳に伝わり、身体まで届いて踊りだしてしまいたい。仲のいい友達とおしゃべりしているような陽気なジグだ。

6. Queen of May / Tom Dowd’s Favourite / Naughton’s. (hornpipe/reels)
 一曲目のゆったりとしたホーンパイプは散歩しながら聴きたい。と油断しているとテンポアップ。二曲目、三曲目のリールは速いパッセージと言い、装飾の多さと言い、ケビンの技量が発揮されていて圧倒されるトラックだ。

7. The Dear Irish Boy / The Hole in the Boat / Sally Sloane’s. (slow air/jigs)
 悲しいような、懐かしいような、しかし前向きな強さを感じるこのメロディーは一度聴いたら、深く印象に残り忘れることが出来ないだろう。私はこのアルバムの中で最もアイルランドらしさを感じたトラックだ。

8. The Arra Mountains / Hunting the Hare / Petko. (slip jigs/horo)
 始めのメロディーからフルート2本のハーモニーが美しい。そして途中からはフルート3本になるのだ!これは是非聴いて頂きたい。その美しく流れる水のようなハーモニーに取り憑かれてしまうだろう。

9. Taylor’s Fancy / Tanglony / Willie Clancy’s. (slides/single jig)
 ティン・ホイッスルのノリのいいメロディーとブズーキの軽快なメロディーのどちらにも耳を傾けて聴いてみてほしい。いろいろな発見があるだろう。

10. Repeal the Union / The Ivy Leaf / The Hut in the Bog. (reels)
 疾走感が最高で、何度もわくわくできて楽しい。あらゆる場所に抑揚がつけられ、伴奏も少しずつ変化していき私たちの興味は惹き付けられたまま、気づいたら終わってしまった。リピート必須。

11. Della the Diamond / Princess Polly / The Girl for Me. (jigs)
 一曲目はなんだか安心するアイリッシュだ。次の二曲目では少し不安な響きのあるメロディー。しかし、三曲目でその不安は消え去る。三曲通して聴くと、穏やかな天気の日に小雨が降り、やがて雨が止んで虹が出たときのようだ。

12. The Mountain Lark / Jack in the Box. (reels)
 ケビンの音色が美しすぎて一つ一つの音に感動してしまう。短くてシンプルなトラックだが、一番好きだ。

13. Ray’s Revenge / The Hula Hoop. (jig/reel)
 演奏者の姿や息づかい、振動まで感じ取れるのではないかと思うほど臨場感たっぷりのライブ録音のようなトラックだ。バウロンが気持ちのいいグルーブをつくり出し、後半のリールまで演奏者も私もノリがぴったりだ。

14. Ag Taisteal Na Blarnán (Travelling through Blarney) / Come West Along The Road. (slow air/reel)
アイリッシュフルートと、ギターのみの真っ直ぐ心に届く、最後にふさわしいセットである。前半は落ち着きがあり、後半は楽しげで 、このセットだけを聴いてもアイルランド音楽が大好きになってしまうのではないか。
 

ディスコグラフィー   


ソロアルバム

●'D' Flute Album (1995)
● In Good Company (2001)
● A Breath of Fresh Air (2007)
● Carrying the Tune (2012)

バンドでのアルバム

"Grianán"
● The Maid of Eirin (1993)

"Moving Cloud"
● Moving Cloud (1995)
●Foxglove (1998)

"Lúnasa"
●Otherworld (1999)
●The Merry Sisters of Fate (2001)
●Redwood (2003)
●The Kinnitty Sessions (2004)
●Sé (2006)
●The Story So Far ... (2008)
●Lá Nua (2010)

"Duo"
with Cillian Vallely
●On Common Ground (2009)
 

公式ホームページや情報など


[THE MUSIC PLANT] ルナサ公式ページ
三浦郁実さん 著
  • 友だち追加