Loading
現在、カートには商品がありません
カートの中を見る

tricolor 4th アルバム「旅にまつわる物語」

 
  • 旅にまつわる物語 / tricolor

    アイルランド音楽の楽器や演奏スタイルをベースにしたオリジナル音楽を創作するtricolor。 じっくりと聞かせる曲、心にしみる演奏は、あらゆる世代の音楽ファンの心をひきつけるでしょう。 初めてふれるアイルランド/ケルト音楽としても、大変お勧めできる1枚です。

    2,700円
    商品詳細へ

〈曲目〉
1. 5 steps
2. trip note
3. Letter From Barcelona
4. A West Ocean Waltz
5. The Accursed Kerryman
6. Will You Come Home?
7. Bridget Cruise
8. First Pint
9. Railway Polka
10. August to August
11. last autumn
12. はなむけの詩

[guest]
梅田千晶(Harp)
野口明生(Uilleann Pipes,Whistle)
渡辺庸介(percussion)from Drakskip
 

プロフィール


緑で囲まれた小さな島国アイルランドの日常から生まれた音楽と、その伝統音楽への共感を下敷きにしたオリジナル曲を、3人それぞれの色を混ぜながら演奏している。
様々な規模の音楽フェスや野外イベントから、カフェや古書店、電車内ライブや結婚式での演奏、さらにはアイルランド大使館関連の公的イベントまで、「場所と人」「人と人」の出会いやつながりを大切にし、独自の活動を展開中。

2009年4月、お花見パーティでの演奏をきっかけに結成。
その後テーマの異なる、しかしサウンドはどこまでもtricolor感たっぷりのCDアルバムを5作発表。
2014年NHK連続テレビ小説「マッサン」の楽曲演奏を担当し注目を集める。
2016年11月より、NHK Eテレ「シャキーン!」にて、森ゆにと共作での書き下ろし曲「じかきうた」が放映。映像にも出演する。

〈メンバー〉

中村 大史 accordion,bouzouki, guitar,whistle & vocal
中藤 有花 fiddle & concertina
長尾 晃司 guiter,banjo & mandola

ホームページ
 

笛屋さんからの推薦コメント


アイルランド音楽の楽器や演奏スタイルをベースにしたオリジナル音楽を創作するtricolor。
じっくりと聞かせる曲、心にしみる演奏は、あらゆる世代の音楽ファンの心をひきつけるでしょう。
初めてふれるアイルランド/ケルト音楽としても、大変お勧めできる1枚です。  

「旅にまつわる物語」レビュー


日本人3人組のケルト音楽ユニットtricolorによる4作目のアルバム「旅にまつわる物語」は、聴けば不思議と優しい空気をまとわせてくれる、柔らかな聴き心地の作品が詰まっている。
tricolorは2016年9月時点で5枚のアルバムをリリース。
最新作は2016年4月20日に発売された「うたう日々」で、こちらは歌もの、オリジナル曲が中心に収録されている。
「旅にまつわる物語」が器楽曲メインであるのとは対照的だが、tricolorのふわりとあたたかなサウンドは一貫しており、聴く者にやすらぎのひと時を与えてくれる。
今回紹介させていただく「旅にまつわる物語」は2015年3月15日に発売されたもので、前作「Good Morning, Liffey」から2年ぶり4枚目のアルバムだ。
ジャケットはイラストレーターの小池アミイゴ氏が手掛けている。
小池氏の作品は黒鉛のシンプルな線と抑えた色数による少しせつない上品な表現が印象的だが、「旅にまつわる物語」のジャケットでは、海岸の三人組が静かに歩き出す様子を桃色から水色の絶妙なグラデーションを背景に艶やかに描いている。

1曲目、アコーディオンの重厚でおおらかなベース、バンジョーのちょっとおどけたかわいらしさが牧歌的なサウンドでアルバムの最初を飾る。
お昼ちょっと前のやさしい日差しのような、あたたかいフィドル。
踊り出すかのようなタンギングが表情豊かなホイッスル。
まさに旅の始まりに相応しい、希望あふれる一曲だ。

3曲目は、とある休日の朝、ふと雨音で目を覚ましカーテンをすこしめくると、今日は静かな雨が降っている。まるでそんな出だしである。
ギター、フィドル、アコーデイオンの静かな旋律が終わりをつげるとき、次第に雨はあがる。
そう、午後からだって素敵な外出はできる。
今日は駅まで自転車で行って、それからどこまでの切符を買おうか。できるだけ遠くへ行ってみたい。
同じメロディが様々なアレンジで重なり合いながら物語は新しいページへ。
よりドラマチックにアコーディオンの重音とパーカッションが絡み合い、最後はささやかな鈴の音で終わる。

アコーディオンからホイッスル、フィドルの低音と旋律が徐々に厚みを増していった先に、アコーディオンが再び先陣を切り新たな道を示す6曲目。
ローホイッスルの豊かな丸い音の粒とふくよかな長音のビブラートが花を添える。

8曲目。
賑やかなバンジョーのイントロに、湧き上がる衝動を抑制しつつも徐々に放出してゆくアコーディオンの重低音。
パイプが加わり、抑えられていた楽しさいっぱいの旋律が顔を出し、いまにも踊り出してしまいそう。
ダンスチューンはリズムを変えて、楽器たちの一体感がより深まっていく。

9曲目はパーカッションのダイナミズムが印象的な楽しさあふれるポルカ。

10曲目はギターの静謐なメロディにアコーディオンの重音がダイナミズムを添える。
ギターが伴奏にうつると悲しくも情熱的な新しいメロディをフィドルが奏でだし、ローホイッスルがさらに情緒的に音楽を展開させる。
アコーディオンの重音がさらに広がりを見せたかと思えば、F調独特の爽やかさに曲の冒頭から受け継がれる静かな情熱が溶け出して終わる。

そして11曲目、まるで洋風の居間で、暖炉の火を眺めているかのような冒頭。
バンジョーとフィドルのユニゾンにギターの甘い伴奏。
次第にパイプとパーカッションが音楽に賑わいを添える。
みんなでホットミルクをふうふう冷ましながら談笑する、出発前のひとときのような。
ハープのきらめきは星の煌き。
ゲストも含めたアルバム参加者全員で送る大団円である。

そして、これまでの旅路を静かに振り返るかのような12曲目。
ゆったりとした揺らぎの中で最後ひっそりとギターのつぶやきが締めくくり、旅の余韻に浸る。