Loading
現在、カートには商品がありません
カートの中を見る

ケルト音楽とは

「ケルト音楽」って?


ケルト人は文字を使わなかったために歴史的にも不明な部分が多く、彼らがどんな音楽を奏でていたかについては手がかりがありません。
それにも関わらず、ケルト音楽というカテゴリーは国内外を問わず一般的なものとして認知されています。

実のところ、ケルト音楽というカテゴリーは音楽産業によって「ケルト地域から発信される様々な異なった音楽」をくくる言葉として生まれたのです。

そのためケルト音楽のはっきりとした定義はなく、伝統的なものから、伝統とはほとんど無関係なポピュラー音楽までを含む場合があります。
 
ケルト音楽の分布

ケルト地域の音楽とは、先述した地域の音楽のほかに、スコットランド人が多く移民したカナダケープブレトン島や、アイルランド人が多く移民したアメリカの伝統音楽が含まれます。

また、ケルト文化圏とは言いがたいものの、アイルランドのフォーク・リヴァイバルに影響を受けたスペインのバスク地方やアストゥーリアス地方の音楽も含まれることがあります。
ケルトの諸地域


しかしケルト地域からの音楽といっても、マン島やウェールズから商業ベースで伝統音楽が世界に発信されることはほとんどないため、その中心はアイルランドとスコットランドとなります。

つまり「ケルト音楽」と銘打って輸出・消費される音楽の大半はこの2つの地域の音楽です。

ケルトの諸地域は、それぞれに個性的で異なった伝統を持っています。

アイルランドで伝統音楽がフォーク・リヴァイバル運動を経てポップス的に再生されたことに刺激を受け、他の地域でも同様のアプローチで伝統音楽を現代的なものに作り替える動きがあります。
また、ブルターニュのハープ奏者アラン・スティーベル(Alan Stivell)ガリシアのガイタ(バグパイプ)奏者カルロス・ヌニェス(Carlos Nuñez) のように、アイルランドやスコットランドの音楽を取り入れた汎ケルティック的な音楽スターも誕生しました。

スコットランドはグラスゴーでのケルティック・コネクション・フェスティバル、フランスはブルターニュ地方ロリエントでのインターケルティック・フェスティバルが好評を博すなど、ケルト地域の相互交流は近年ますます盛んになっています。
 

出典 pixabay.com

 
身近なケルトの旋律

日本とケルトの文化圏はユーラシア大陸の正反対に位置し、地球の真裏と言っていいほど離れています。
しかし、日本が近代化をした時に、アメリカを通じてケルトの民謡が紹介され、私たちに身近な曲がいくつもあります。 
また、映画やテレビドラマやCM、ゲーム音楽でケルト音楽風の旋律やティン・ホイッスルの音色を耳にすることも増えました。