Wrenコンサーティーナのボタン修理について

ライター:hatao

こんにちは! ケルトの笛のhataoです。

当店で販売しているアングロ・コンサーティーナWrenは、低価格帯でありながら演奏しやすく入門用の楽器として人気があります。

しかし価格を抑えるために上位機種よりも低いグレードのパーツを使っていたり、機構を合理化しているため、不具合が起きやすい傾向があります。

当店ではこの状況を踏まえ、ユーザーがWrenの性質についてよく理解し、不具合が出た際にご自身で修理をしながら演奏し続けられるように、2020年8月にマニュアルを公開しました。

このマニュアルはオンラインである利点を生かして、順次アップデートを繰り返していますので、ユーザーの方はぜひご一読ください。

https://celtnofue.com/media/files/wren_manual.pdf

さて今回は、ボタンがボタン孔に引っかかった際にその原因として考えられるボタンの歪みについて解説します。

Wrenではアームにボタンをゴムリングで挟んで留めているだけです。

アームおよび、アームにボタンを挟む金属製の足はともに柔らかいアルミでできていて、指で簡単に曲げることができてしまいます。

ボタンがボタン孔にひっかかるときは原因として(1)アームの歪み (2)ボタンの歪み (3)ボタンの横ずれ が考えられるのですが、今回は(2)についてお話します。

まずはひっかかるボタンを特定して、フタを開け、ボタンを取り外して観察してみてください。

写真のようにプラスチック製のボタントップに対して金属の部品(足)が真っ直ぐであれば問題がありませんが、ひっかかるボタンは、足が曲がっていることがあります。

おそらく使用とともに曲がってしまったものと思われます。

これは、簡単に曲げて直すことができます。

足からゴムリングを取り外します。

用意があればプライヤー(ペンチ)で写真のように足を根元までくわえて、ボタントップに指をかけて力を加えて、真っ直ぐに曲げ直してください。

この後で再度ボタンをアームに戻します。

戻す際にはボタンの足に付いているゴムキャップが上がっているとグラグラしてうまく固定できませんので、ゴムキャップを少し下げてください。

ゴムキャップが動くようであれば木工用ボンドで接着ください。

ボタン孔に対してボタンが垂直に入るようにアームに対するボタンの位置を調節してください。

これでボタンのひっかかりが解消されるかどうかを確認しましょう。

もし解消されなければ、アームの歪みが考えられますので修理を試みてください。

関連記事

McNeela製コンサーティーナの不具合対応につきまして