【ピブゴーン】ケルトの笛屋さん㊙コレクション

ケルトの笛屋さんでは、ティンホイッスルやアイリッシュフルートといったメジャーな楽器だけでなく、ちょっとマイナー(!?)な楽器も取り扱っています。

今回は、「ピブゴーン」という楽器をご紹介します!

ピブゴーン Pibgorn

主にウェールズで演奏される、クラリネット類に属する管楽器です。

ウェールズ語で「角笛」を意味し、葦から作られるシングル・リードを唇にくわえて発音します。管体は四角い木を円筒形にくりぬいた形状で、裏穴が一つ、表に6つの穴が空いており、1オクターブの音域を演奏することができます。先端には、牛の角から作られるベルがついています。

ピブゴーンは古代~中世にかけて演奏されましたが、一度伝統が完全に途絶えてしまいました。20世紀後半に、Jonathan Shortlandが博物館の楽器を計測して復刻し、現在では多くの楽器製作者が制作しています。

通常演奏されるのは、D管の楽器です。
また、バンドの中で演奏される機会も増えてきました。

ちなみにピブゴーンを革袋にさして演奏したものは、ウェリッシュ・パイプスと呼ばれるようです。

取扱商品一覧

ケルトの笛屋さんでは、3タイプのピブゴーンを取り扱っています。
下記以外のモデルをご希望の場合は輸入代行に対応させて頂きます。
詳しくはお問い合わせください。

John Evans ピブゴーン D管(チェリー製)カットデザイン(京都店から発送)


商品詳細はこちら

John Evans ピブゴーン D管(チェリー製)ノーマルデザイン(京都店から発送)


商品詳細はこちら

T.Sonoda クロマチック・ピブゴーン


商品詳細はこちら