ナチュラル仕上げで見た目が可愛らしいボタン・アコーディオン

先日、アイルランド音楽に向いている入門向けボタン・アコーディオンとしてMcNeela社のWren(レン)をご紹介しました。

その記事はこちら。

ダンスの伴奏をしたい? それならアコーディオンでしょ!

今回は、もうちょっと予算がある方向けに、本格的な入門モデルのご紹介をします。

The Irish Bouëbe

それは、フランスのアコーディオンメーカーSaltarelle Accordions(サルタレリ・アコーディオンズ社、以下サルタレリ社)のThe Irish Bouëbe。

見慣れないアルファベットですが、ジ・アイリッシュ・ブーベーと読むようです。

英語の掲示板でも読み方については質問が出ており、「ボエイビー」「ブービー」という意見もありましたが、いずれにしてもカタカナにはできない音ですね。

Bouëbeとはスイスアルプスの方言で若いシェパードのことです。

B/C アコーディオンですので、半音違いのロ長調とハ長調とが1列ずつ並んでおり、これですべての半音がカバーできるという仕組みです。

アイリッシュではB/Cが一般的ですが、C#/Dアコーディオンを好む奏者もいます。

ボタンアコーディオンは押し引きで音程が異なりますから、ピアノアコーディオンよりも狭いスペースで広い音域をカバーできることになります。

動画を見つけました。音色が軽くて、素敵な演奏ですね。

楽器って、見た目も大事ですよね。

サルタレリ社のアコーディオンは、ナチュラルな木の外装で、ボタンも可愛らしいですよ。

他社もこのレベルのアコーディオンを販売していますが、よく比較されるCastagnari(カスタニャーリ社)よりも少しお安いようです。

サルタレリ社が販売しているBouëbeの上位機種はいくつかあり、違いはストップ(音色や音域を換える)のパターン数や左手の伴奏のボタン数です。

仕様は以下のとおり。

商品詳細

  • 右手 2列、23ボタン、2音色、リードのストップ2
  • 左手 1列、8ボタン、和音用には3つのリードが鳴り、3音鳴らしと2音鳴らしにスイッチ出来ます。ベース用には固定で常に2音が鳴ります。
  • 大きさ 27.8cm*14.9cm*29.3cm
  • 重さ 3.4kg
  • ハード・ケースまたはリュック付き

商品ページはこちら

Saltarelle The Irish Bouëbe B/C アコーディオン [送料無料対象外](京都店から発送)

※京都店では試奏ができます。

ムービーギャラリー

Performance : Fumio Yoshida / 演奏:吉田文夫さん

フォトギャラリー